山本 裕美 (英語)

2017年11月 9日 (木)

【第503回】 国 際 交 流

 昨年、遊学館高校はフランス・ナンシー市のノートルダム・サン=シジスベール校と姉妹校提携を結びました。それを皮切りに国際交流化をはかる活動が盛んに行われるようになり、その1つ目としてケニアから留学生のJ君を迎えました。2つ目にはアメリカ出身のM氏がALTとして赴任し、3つ目にはアメリカ・フロリダ州から留学生のHさんを迎え入れ、校内では英語が飛び交う光景が見うけられるようになりました。

 今回はケニア出身のJ君の話をしたいと思います。彼は遊学館高校・男子駅伝競走部を強化するために迎え入れられた新入生です。県外の高校では留学生選手がいるのを何度か目にしましたが、実際本校ではそのような選手を受け入れるとは思っていませんでしたが、今年5月ついに現実となり本当に驚きでした。そしてなんと、私がその留学生の担任に任命されたのです。好奇心と大きな不安でいっぱいでしたが、その日がくることがとても楽しみでもありました。

 今年の5月ゴールデンウィーク明けに関西国際空港まで彼を迎えに行ってきました。到着予定時間になっても、到着ロビーに現れないJ君、二人の監督と私はとても不安になりソワソワしていました。ようやく1時間半遅れで現れたJ君は想像していた以上に細くて華奢な少年でした。ちょっとはにかんだ笑顔からのぞく白い歯がとても印象的でした。

 日本に来てようやく6ヶ月が過ぎましたが、彼にとって学校での生活は想像以上に大変だったと思います。言語・文化・生活習慣など全てが、母国ケニアとは異なりフラストレーションがたまる生活を送ってきたと思います。そのような状況の中で少しずつですが、日本語が理解できるようなっており、時々はっきりとした日本語で答えてくれると、とても嬉しくなります。また、1人での行動範囲も広くなり生活環境にも慣れてきている様子です。
 ともあれ、彼はまだ高校1年生です。ケニアから誰も知合いがいない日本に留学する心境は計り知れません。彼はとてもシャイな少年で、クラスの中に打ち解けるのも時間がかかっていますが、焦らずに見守っていこうと思います。J君の存在自体が10組の生徒に大きな影響を及ぼしているのは確かです。このことを通して、両者が国際交流の意義を理解して、もっと世界に羽ばたいて、世界から日本を、また日本からケニアを見る大切さを分かち合ってほしいと思います。

 先日、全国高等学校駅伝競走大会石川県予選会があり、初めてJ君の走る姿を見ることができました。スラリと伸びた長い脚、ケニア人ならではのあのスタイルはとてもかっこよく、頼もしい姿でした。石川県予選会を突破し、次は全国大会の舞台である京都・・・・いざ、出陣。

 J君が自分の夢を日本で実現できるように、応援し続けていきたいと思っています。

291109

2016年6月30日 (木)

【第432回】 ≪ 遊学講座 ≫

今年で遊学講座は25年を迎えました。

 私にとって遊学講座はとても思い入れのある講座です。今まで学んできたバレエを今度は生徒に教える機会を与えてもらい、貴重な経験をさせてもらいました。 英語とバレエが教えられる環境にいたいと思っていた私にとって、遊学館高校でのこの講座の出会いはとても大切なものとなっております。

 遊学講座とは、自分が受講したいものを50余りの講座から選択でき、自ら積極的に学ぶことができる講座です。通常授業の勉強以外で自己の能力を伸ばすことができる有意義な機会だと思います。

 その遊学講座が今年から少しリニューアルをし、街なかキャンパスとして北国文化センターのプロの講師から習うことができる機会が設けられました。例えば、『英会話』『フラダンス』『アカペラ』『空手』『ダンス』などの講座があります。

 私は今、その講座の巡回を担当しています。最初は、「生徒たちの先生方に対する態度や言葉遣いなどは大丈夫だろうか」と心配ばかりしていましたが、そのようなことは心配無用でした。さすがプロの先生、生徒たちはその雰囲気にのみ込まれ、楽しそうに真剣な態度で受講しているではないですか。みんなの表情がイキイキとしていてとても感動しました。1つのことに、集中して一生懸命に行うことができる時間の大切さを改めに実感しました。

 人は目標がないとどうしても心が弾まず、無意味に怠けた時を過ごしてしまいます。 しかし、一旦目指すものが見つかれば、努力ができ大きな力が働くと思います。

 「遊学講座が生徒たちにとっても大切な出会いの一つになり、それがきっかけに何か目標を持ち、積極的に学べるものが見つかればいいな~」と思っています。

 それぞれの講座の作品が発表されるのを楽しみにしています。生徒たちのキラキラ輝いた充実した表情を見るのが楽しみですね。

2015年2月19日 (木)

【第366回】 まもなく卒業式

 先日、生徒たちは3学期の学年末試験、仮終業式を終え、無事自宅研修期間に入りました。今年度は、久しぶりに3年生の担任ということで、進路指導などの責任の重さや難しさを実感しました。
 私のクラスでは、専門学校、短大、大学、就職などさまざまな方面への進路を希望する生徒がいました。今思えば、受験までの手続き、面接練習、受験勉強、入試当日までめまぐるしい日々があっという間に過ぎてしまいました。たくさん泣いたり、笑ったりしましたね。今ではこれは全て良い思い出です。
 その中で一番印象に残っているのが、面接練習です。生徒にとって特に面接は緊張するもの、その張りつめた状況で自分の意見を十分に表現するのはとても難しいものです。何度練習しても気になる個所があります。最初は、うまく自分の意見をまとめることができず苦労している生徒もいましたが、生徒同士がお互いに面接官や受験生になりながら、助け合って練習をしている風景を見てとても微笑ましく思いました。
 その甲斐もあり、無事全員が進路を決めることができました。

 「皆さんおめでとうございます。自分を信じて頑張って下さい。」

 3月末まで遊学館の生徒として、学生らしく充実した生活を送って下さい。今までの楽しかった学校行事がつい最近のように思い出されます。とても楽しかったですね。
 皆さんと卒業式に会えることを楽しみにしています。

2013年10月 3日 (木)

【第300回】 留学生を迎えて

 9月から私たちの学校にアメリカのフロリダ州からチャーミングな留学生(Cさん)がやってきました。
 1年ぶりということもあり、留学生担当の私はCさんが登校する前からそわそわし、何か心弾む嬉しさを感じました。

 留学生を受け入れることは毎回大変なことがたくさんあるのですが、私にとっては、とても貴重な大学生時代を思い出させてもらえるものです。 大学時代は、様々な国の人々と交流し、未知の世界へ好奇心いっぱいに第一歩を踏み出していました。スリリングで、本当に楽しい時間でした。もちろん、失敗もたくさんしてきました。
 今回、留学生を受け入れることで、生徒たちが刺激を受け、何かを掴み取ることができたらと思います。文化の違いや語学の勉強、自分が興味を持てること何でもいいと思います。
 失敗を怖れず、積極的に話しかけることを楽しんでもらいたいですね。

 また、留学生にとっても外国で学ぶことはとても貴重な時間で、その人にしか味わえない経験を通して、たくさんの思い出を作ることができます。
 これから数か月間、日本語のシャワーを浴びる日々が続き、少し辛い学校生活が始まり、ストレスが溜まりやすくなってくると思います。しかし、その険しい山を乗り越えたところに、明るく楽しい世界が広がっています。そこに達するまで、目標を持って頑張ってもらいたいと思います。
 留学生担当の私は、担任と協力して、彼女が少しでも充実した学校生活が送れるようにサポートしていきたいと思います。

 私も、初めて語学留学に行ったときは、勉強のために来ているのだと解かっていても、四六時中英語のシャワーを浴びていると本当に苦痛でストレスが溜まりました。だから、少しでも留学生のお役に立ちたいと思っています。

2012年6月28日 (木)

【第236回】 『出逢い』

 只今、1年生を対象にした英語の試験対策の講座中です。
 英語が苦手な生徒にどのように興味を持ってもらうかは、英語教師としてとても悩むところです。何か少しでも、その教科に興味を持つきっかけがあれば、自然と探究心が生まれ、勉強することが楽しくなってくるのではないかと思うのですが・・・
 そのきっかけと出会うことが本当に難しいのですよね。
 講座中に、そんなことを考えていました。

 私は、ラッキーなことに英語に興味を持つ機会がありました。それは、中学1年生の時に、とても素敵な英語の先生(O先生)に出逢いました。そのO先生はアメリカ人の男性と国際結婚をしており、初めての授業で、そのご主人を私たちに紹介してくれました。二人の会話を聞いていて、内容は全く分かりませんでしたが、その二人の雰囲気がとても素敵で、また、日本人があんなに流暢に英語を話していることに衝撃を受けました。今までに聞いたことがない発音で会話しているO先生をみて「なんてかっこいいのだろう。私もあんな風に英語で話したいな~」と思っていました。
 私が中学生のときには、今のようにALTの方もいなかったので、ネイティブの英語を聞くチャンスはなく洋楽を聞く程度でした。
 そのようなちょっとした機会があって、私は英語に興味を持ち好きになりました。

 昔から、身体を動かすことが大好きで、勉強よりスポーツばかりしていた私が、英語に目醒め、現在、教師として英語を教えていることができるのも、そのO先生との出逢いがあったからだと思います。

「先生、素敵な出逢いをありがとう!!」

 今、行なわれている講座の中で、「先生、少し解るようになってきたよ」と言ってくれる生徒がいると、やはり嬉しいものです。これを励みに、この講座で何かを生徒に与えられるように頑張りたいと思っています。
 私が、O先生からもらったように・・・・

2010年9月 1日 (水)

【第148回】 生徒からもらう私の楽しみ

 今年の夏は、遊学館高校野球部が甲子園に出場し、天候も私の気持ちも熱い、暑い夏でした。5年ぶりということもあり、県大会での優勝は本当に嬉しく、待ちに待った勝利でした。
 その後、甲子園に向けての応援準備が慌しく進み、
校内全体の雰囲気が応援ムード一色に染まり気持ちが徐々に高まっていきました。

 甲子園球場では、生徒、バトントワリング部のチア・ガール、吹奏楽部、応援関係者が一丸となり応援団「チーム遊学館」が結成されていました。このチーム遊学館の応援は球場に響き渡り、選手ひとり一人に力を与えるような素晴らしいものでした。何か皆が一つになっていく大きな力を感じました。

 日々、さまざまな部活動で一生懸命に汗を流し取り組んでいる生徒たちを試合で応援することは、今では私の楽しみになっています。みんなが、逞しく成長していく様子を見るこができるとてもよい機会です。
 今後もいろんな試合に足を運びたいと思います。

 もう一つの私の楽しみは、この時期に毎年、留学生を迎え入れることです。高校生で親元を離れ異国で学ぶということは、とても強い意志と勇気がいることです。その自分の志しをしっかり持って留学してくる生徒との出逢いは、私にとって大切なものです。

 まったく日本語を話せなかった生徒が、日本に留学して1年後には日常会話程度が聞けて、話せるようになっている生徒の成長をみると感心します。留学をするということは、いろいろな不安や、大変な問題がたくさんありますが、留学しなければ得ることができないものもたくさんあります。それら全てが彼らの財産となり、豊かな感覚をもたらしてくれると思います。その土地で見たもの、感じたことは、その人にしか得られない貴重なものです。

 私もかつて長期留学を計画しましたが実現せず、短期留学で終わらせてしまいました。今では、すごく後悔しています。いろんなことを考え過ぎて、勇気がなかったのだと思います。思い立ったときには、実行するべきですね。(笑)

 今は教師として、希望をもって留学してくる生徒が安心して学校生活が送れるように、お手伝いができれば嬉しいです。彼らと接することで、私もいろいろな経験をさせてもらっています。大学時代、多くの留学生と出逢い、楽しい時間を送ったことが懐かしく思い出されます。

 外国の文化や歴史、そして語学を学ぶことはとても興味深く楽しいことです。留学生が日本に関心を持ち、多くのことを学んでくれることを望んでいます。

 今年も9月から登校する留学生との出逢いを、楽しみにしています。

 これからも、もっといろいろな「楽しみ」を生徒からもらい、貴重な時間を大切にしたいと思います。
 今は、次の「楽しみ」を模索中です。

2009年11月 4日 (水)

【第107回】受験真っ只中…

 今年は、3年ぶりに3年生の担任です。私のクラスは3-3組。
新校舎になり、全てのものが真新しく、生徒も私も心地好い学校生活をスタートさせました。
ひとつ気になるのは校舎内がガラス張りであること…。

我がクラスは職員室や校長室からも近いということもあって、生徒たちはかなり緊張した日々を送っていたようです。その状況が好転したのか、1学期の生徒たちの授業態度は良好で成績に反映しました。担任としては、「この状況が続いてくれればいいな・・・」と思っていましたが、最近は徐々にガラス張りの環境にも慣れ、少し気が緩んでいるようです。生徒いわく、自分らしさを出せるようになったそうです。 

ただいま、3-3組は受験真っ只中…気が緩んでいた生徒も、真剣さを取り戻し受験の準備にいそしんでいます。中にはすでに合格通知をもらった生徒、試験が終わり合格発表を待っている生徒、出願を終え受験勉強に励んでいる生徒、それぞれの状況でお互いを励まし合い、またアドバイスを与えながらクラス全員が合格を目指し、ひとつになっている様子を見るととても嬉しく思います。

 「今日、合格通知が届いたよ。」とある生徒が言うと、全員から拍手が沸き起こります。
とても和やかで、温かい雰囲気です。みんなが友達の合格を、自分ごとのように一緒に喜んでいます。

 私は3年生の担任がとても気に入っています。生徒はこれまでと違って他力本願から自力でものごとを行うようになり、また甘えがなくなり一人の大人として会話ができるようになるからです。一人ひとりの生徒の3年間の成長が垣間見れる嬉しいひと時です。

 これからまだまだ受験を迎える生徒がいます。私は少しでも彼らの役に立てるようにアドバイスをしていきたいと思います。そして、3-3組のみんなが笑顔で卒業できるように取り組んでいきます。

2009年1月14日 (水)

【第71回】2-5組からの小さな取り組み

 昨年の9月から2年5組は留学生を迎え、新たなスタートを始めました。彼はカナダ出身のJ君です。初めて彼を紹介されたときの印象は、真面目で、シャイで、大人しそうな感じでした。私はそのとき心の中で『2-5組の元気で個性揃いの生徒の中でうまくやっていけるかしら…』と少し不安になりました。

 2学期が始まり、最初はJ君も生徒もどのように接してよいのか分からなく、ぎこちない状況が続きました。またジェスチャーを用い、一生懸命に会話を試みる生徒もでてきましたが、少し突っ込んだ話になるとお互い言葉の壁で会話が弾まなかったり、また意思がうまく伝わらず勘違いしたりされたりで、お互い少し辛い日々を送ったと思います。でも、この期間は留学生とその彼を迎え入れる側にとって誰もが経験する必要な時期だと思い見守ることにしました。

 ある日、J君に自分の国と家族についての紹介を日本語でしてもらいました。一生懸命準備したようで、日本語も上達し、生徒たちも興味を持って聞いていました。今まで、私たちが知らなかった彼を知ることができ、少し距離が近づいたように思えました。

 今では、J君がいないと2-5組の掃除は始まりません。彼はいつも率先してモップで床を拭き始めます。掃除を嫌っていた生徒も、いつのまにか一緒になって清掃に取り組んでいます。彼らが掃除をしながら自然にコミュニケーションを図っている姿をみるととても嬉しく、心温まります。私の最初の不安はどこかに飛んでいったようです。

 異国の人々が、仲良く一つの事に取り組めることは素敵なことだと思います。お互い異なるものを受け入れ、認め合うことが肝要であると思います。

 今、世界ではパレスチナ人とユダヤ人の争いがいまだに続いています。とても悲しいことです。すぐに解決するような問題ではないですが、平和が来ることを願わずにはいられません。『世界の人々がみんな仲良くし、争いがなくなればいいな~』と単純に思っています。

 これかも2-5組では、いろいろなハプニングが起こりそうですが、私たちが出来る小さな取り組みとして、留学生のJ君とお互いを認め合い、仲良く平和に過ごしていきたいと思います。

2008年4月 9日 (水)

【第34回】生徒は私の鏡(先生)

 桜の花もほころび始め、何かそわそわする季節がやって来ました。

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 これからは遊学生として、希望に満ちた高校生活を送られると思います。
今は、期待や不安で胸がいっぱいだと思いますが、私は、あなたたちをしっかり受けとめ、サポートしていきたいと思っています。

 私は、遊学館高校で教鞭を執って、はや10年が経ちました。初めて、遊学館学校の門をくぐったときの印象は、「生徒たちは、なんて爽やかに挨拶ができて、元気なんだろう…」と感心しました。通りすがりの私の顔をしっかり見て、「こんにちは」と大きく、力強い声で挨拶してくれたことがとても嬉しく思い出されます。そして、10年経った今も、学校でのそのような風景は変わらず受け継がれています。

 新入生の皆さんも、ぜひ、大きな声で挨拶をして下さい。数日後にはきっと、あなたも立派な遊学生になっているはずです。廊下ですれちがう時を楽しみにしています。

 毎年、担任として多くの生徒との出会いがあります。最初は、生徒それぞれの性格や思いが分からず、意見がぶつかり合ったり、戸惑ったり、諦めそうになったり、お互い気持ちがモヤモヤしたりと、奮闘する日々もたくさんあると思います。

 しかし、生徒の皆さんは、いつも「私の鏡」です。私が優しい顔をしていると、生徒も穏やかで優しい気持ちになり、私が怖い顔をしていると、生徒も同じ顔になります。私の心持ちを皆さんから、いろいろな場面で気づかせてもらいます。たくさんの経験をもらえ、本当にありがたいです。

 これからは、もっと生徒の気持ちを引きだし、心の叫びを聞き取れる人になりたいと思います。

 常日頃、私の持っている目標は…

(1) 生徒一人ひとりと向きあう心を大切にする。
(2) 生徒の思いや痛みを感じる心を大切にする。
(3) 待つ心を大切にする。

 私にとって、とても難しいことばかりですが、生徒からもっと…もっと…、色々な気付きをもらいたいと思っています。

 新入生の皆さん、貴方たちとお会いできることを楽しみにしております。

カテゴリ

teacher_list