植木 大 (保健体育)

2018年2月15日 (木)

【第516回】 「自然が教えてくれたこと」

 金沢に来て22年、初めて大雪を体験しました。これまでは、県外の方から雪のことを聞かれても「金沢はたいしたことないですよ」と答えていたが、改めて自然の怖さを体験することになりました。交通機関は麻痺し、学校も数日休校になりました。特に毎日の除雪作業には心身共に疲れました。しかしながら、新しい発見もありました。ボランティアで除雪作業に励む生徒たち、雪で身動きがとれなくなった自動車を救助する人たち、小学生の通学路を確保するために深夜にわたり除雪する人たち、沢山の方々が誰かのために行動していました。
 私は部員に「自分の置かれている環境や状況が良いときは誰でもプラスの判断・行動が出来る。大切なのは自分が上手くいかないとき、逆境に経たされたときに、どう判断し行動できるかが、今後の人生やプレーに影響を及ぼす。」と伝えています。上手く行っているときは普通に振る舞えばいいと思います。肝心なのは苦しい状況に経たされたときに、どう行動できるかだと思います。苦しいときにこそ、人間力の違いが明確になるのではないでしょうか!
 大雪や震災など、時々自然は意地悪をしてきます。悲しいことや苦しいこともありますが、学ぶことも多いのでは・・・人の温かさや大切なことを教えてくれていると思います。
 卓球のナショナルチームのユニホームには「WASURENAI 3.11」とプリントされています。大雪で感じたことを忘れずに、自分も含め、生徒と共に人間力を高めていきたいと決意しました。

2016年9月15日 (木)

【第443回】 SNS

 「SNS」とはソーシャル・ネットワーク・サービスのことです。簡単に言えば、フェイスブック・ツイッター・ラインなどのソーシャルメディアを構成する具体的なサービスのことです。
 高校生の多くが「SNS」を利用していることでしょう。私も便利なので利用しています。 ただ、「SNS」は常に危険と隣り合わせだと言うことを忘れないでください。Jリーガーやプロ野球選手、芸能人など「SNS」で人生が変わってしまった人は少なくありません。少しの書き込みや、写真の掲載で家族まで迷惑をかけてしまうことも・・・
 「自分は有名じゃないから大丈夫!」と思っていませんか?そんなことはありません。誰でも失敗する可能性がありますし、誰かに狙われていることもあります。後で後悔してからでは遅いので、しっかりした知識と使い方に気をつけましょう。
 今からすること!過去の情報を確認し、まずいなと思ったらすぐに削除しましょう。
 例えば、友達の写真やプライベートに関する書き込み、違法行為、ふしだらな画像、配慮に欠けた情報発信、人への誹謗中傷などはすぐに削除してください。また、友達の投稿にも自分のことが書かれている場合もあります。削除して欲しい内容は削除依頼しましょう。
 これから上手に「SNS」と付き合うには、送信する前に内容を確認しましょう。人は興奮した状態や落ち込んだときなど、感情が高ぶったときに失敗しがちです。後悔しない内容であるか、誤解をまねく内容でないかを確認しましょう。自分はそんな気持ちで書き込んだつもりでなくても、他人からみたら、自慢や妬みになってしまうこともあります。
 プライベートに関する書き込みや写真の掲載には気をつけてください。「SNS」は全世界に情報を発信します。プライベートを全世界の人に教えることになります。今が良くても大人になってから傷つくことも・・・
 後で後悔しないためにも、送信前に冷静になって確認しましょう。
 「SNS」は上手に付き合えば、無限の可能性をもっています。ただし、使い方を間違えると人生を台無しにする可能性もあります。そのことを常に頭に入れておいてください。
 ある講習会で聞いた言葉です。参考までに!

【マザーテレサの言葉】

・思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
・言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
・行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
・習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
・性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

・送信ボタンに気をつけなさい、それはいつか価値になるから。

2015年5月 7日 (木)

【第377回】 20年目に

 金沢に来て、20年目を迎えた!
これは、監督としても20年目を迎えたことになる。
果たして、20年間で何が出来ただろう・・・県大会、北信越大会では連勝記録を更新し続けてはいるが、目標である「日本一」が達成できていない。「日本一」が全てではないが、一度は成し遂げないといけない目標である。今年は有望な新入生を迎え、たくさんの方々から期待されている。期待に応え、是非とも「日本一」になって勝利の美酒に酔いたいものだ。

 目標は「日本一」だが、目的は「良夫賢父」である。これは、遊学館高校が金城高校(女子校)のころの建学の精神であった「良妻賢母」を男子チームなので、字を変えたものだ。良き夫、賢き父を育てることを目的にしながら、「日本一」を成し遂げたい。そして、多くの「良夫賢父」となった卒業生と飲みたいと思う。

 私事だが、卓球雑誌「NITTAKU NEWS」で今月から連載が始まります。20年間の指導経験から、何かお役に立てればと思いお引き受けしました。内容は技術論ではなく、普段の指導から感じたことや悩んだことなど、親父の小言のように書いてみたいと思います。

2013年12月19日 (木)

【第311回】 《 始動 》

 最近、指導をしていて難しいなと感じることがある。それは「言葉」・「伝え方」である。伝えたいことが、生徒(選手)には違った捉え方をされてしまうことがあるのだ。私の語学力が足りないのも原因だが、生徒の理解力にも疑問を抱いてしまう・・・

 ふと思ったのはコミュニケーション能力である。携帯の普及やインターネット・ゲームなど色々と原因はあるかと思うが、上手く会話が出来ない生徒が増えたかと思う。

 愚痴を言ってもしょうがないので、私が「伝える」力をつけていくしかない。

 オリンピックのプレゼン「お・も・て・な・し」ではないが、しっかりとした準備をすることはもちろん!褒め方・叱り方・技術単語を心理学や科学トレーニングなど様々な分野から学ばなければいけないと思う。また、自らコミュニケーションを増やして生徒の力を引き出すことも必要だ。

 もうすぐ一年が終わる。来年は自らをスキルアップさせ、生徒たちに最高の「お・も・て・な・し」が出来るよう頑張りたい。

  

さあ! 東京オリンピックに向けて始動(指導)するぞ!

2012年9月13日 (木)

【第246回】 「change and challenge」

 長いようで短い夏季休暇が終わった。今年も金沢にいなかったように思う。インターハイ前合宿から始まり、小学校・中学校・高校の各大会に足を運んだ。夏季休暇だけで26泊も県外に宿泊したことになる。試合結果は様々で、メインのインターハイは5位で終わり、小中学校も満足のいく結果を残せず、各カテゴリーで課題が残った。反省点・課題を明確にし、同じ失敗をしないようにしたい。

 私も来年で40歳になる。平均寿命から言えば、折り返し地点を過ぎてしまっている。30代最後を迎え、色々と考えることが多い。現状のままでいいのか?満足しているのか?新しいことにチャレンジしたい気持ちもある。変化する勇気も大切だ。そんなことを考えながら練習していると、あっという間に一日が終わってしまう。24時間が短く感じる。歳のせいだろうか?それとも充実しているのか?

 ともあれ、時間は待ってはくれない。国体・全日本と試合は近づいていく。新メンバーの強化も急ピッチで行われ、10月には継続練習も6000日を迎える。時間は刻々と過ぎていく。過去は変わらないが、思い出となり歴史として残っている。未来は変えることが出来るが、その責任は自分次第だ。預かっている子どもたち、応援してくれる人たち、家族のためにも良い未来を創って歴史を刻みたい。

2011年4月27日 (水)

【第180回】挑戦

Viewimg_3 新聞等で知っている人はいると思いますが、今年度から新たな挑戦が始まりました。
実は自宅にて、小学生2名をあずかることになりました。
一人は愛知県、一人は石川県の鳥屋から親元を離れやって来ました。
二人は卓球選手で、どうしても「日本一」になりたいと高校での練習に参加しています。

 正直、私も家族も最初は戸惑いました。
私の家族は妻と子ども3人の5人家族です。
これが7人家族になるということ、一番の成長期である小学生をどう躾して行くかということ、卓球においても順調に伸びるかはわかりません。
周りからの賛同や批判もありました。
色々とありますが…
最後は二人の気持ちとご家族の気持ちに答える形になりました。
もちろん、私自身もオリンピック選手を育てたいという目標があり、この年代から指導出来る事はチャンスだと考えています。

 共に生活して、一か月が過ぎました。
今では7人家族にも慣れ、慌ただしい毎日を送っています。
小学校の宿題を毎日させるのは格闘ですが(笑)

 これから大変なことが多々あると思いますが、目標に向けて努力していこうと思います。みなさんも是非、応援してください!

Viewimg1_4
Viewimg_8

2010年5月12日 (水)

【第132回】葛藤

 毎年ではあるが、この時期はインターハイ予選に向け、何とも言えない気分になる。
優勝すれば、13年連続のインターハイ出場となるが、簡単に勝てるものでもない。
周りから見れば、勝って当たり前と思われがちだが、毎年選手が変わるのだから苦労が絶えない…。

 大会当日も、複雑な気分になる。
卓球は個人戦もあるので、勝ちあがると同士討ちになることがある。
その試合が、北信越大会やインターハイの決定戦になることや、3年生同士の試合になることもある。
試合を観戦する気にはならないが、高校生活最後の試合となる選手がいることや、今後のためにアドバイスも必要となるため、最後まで見届けるように心がけている。
是非とも、選手には悔いの残らない試合をしてほしいと願う。

 また、団体戦のメンバー選考が一番嫌な仕事である。
卓球は7名しかベンチ入りできない。部員は19名、その中には3年生もいる。
本人の思いや家族の思い、様々なことが頭をよぎり、監督として教育者としての考えが葛藤する。しかし、監督として最善のメンバーを選考するしかない。心を鬼にして決断する。

 本日、メンバーを決定した。
きっと13年連続優勝を果たしてくれることだろう。

2009年3月25日 (水)

【第80回】ラッキーマンになろう

 みなさんの周りには「あいつラッキーだな」とか「運がいいな」など、何かとツキのある人を見かけませんか?同じことをしているのに「成功する人」と「失敗する人」がいるように、世の中には解明できない「不思議な力」が存在します。

私のように勝負の世界に長くいるとその力をすごく感じます。ただ、それがどのくらいの割合を占めているかはわかりません。しかし、大きな「力」があって色々な影響を受けているのではないでしょうか?不可解ではありますがその「力」を運とかツキなどと呼んで自分に有利に使いたいと思うはずです。

私もその一人で、試合に勝つためや自分を有利にするにはどうすればいいかを常に考えています。では、「ラッキーマン」になるにはどうすればいいのでしょう。私が思うにはそれぞれ異なった特徴があります。

 「ラッキーマン」は
 ・性格が明るい
 ・プラス思考
 ・否定的ではない
 ・忘れやすい(失敗してもくよくよしない)など・・・

 「アンラッキーマン」は
 ・性格が暗い
 ・マイナス思考
 ・悲観的、否定的
 ・失敗を人や環境のせいにする  など・・・

 あくまでも私の考えですが、成功している人で不満や愚痴をこぼしてばかりの人を見たことがありません。心が満ち足りた人はうまくいくものです。

 もともと不可解なものですから、理屈で考えてもダメで一つ一つ経験するしかありません。もちろん世の中や勝負は運で決まるものではありません。その前に実力の勝負をしなければいけません。ですから成功したいと思うなら実力をつけることが一番です。それから運やツキを味方にすることです。まったく実力もないのに運やツキばかりに頼っていても成功はしません。やはり勉強でも練習でも、することはしないといけません(笑)

 ところで「ラッキーマン」になるにはどうしたら良いのでしょう。一番は「ラッキーマン」と付き合うことです。「運のいい人」や「成功した人」と付き合い、物真似をしてみることが「ラッキーマン」になる近道です。また、自分は「ラッキーマン」だと思うことです。「運がいいな」とか「ついてるな」と思える人は様々なことに感謝できる人間にもなれます。

 これからの人生に「ラッキーマンになる」という目標を一つ入れてみてはどうでしょうか?

2008年5月28日 (水)

【第40回】ありがとう

 今年は北京オリンピックの年である。私もスポーツを愛する一人として楽しみにしている。

 しかし、頭の中は来月(6月)のインターハイ予選で頭がいっぱいである。何故なら、この大会で負けてしまうと一年間がすべて台無しになってしまうからだ。私は「日本一」を目標に選手達と毎日練習に励んでいる。それこそ盆も正月もない、365日一日も休まず練習している。選手は3年間だが、私は12年間こうした日々を過ごしている。

 今大会が勝利できれば、石川県大会11年連続優勝となる。ちなみに北信越大会は7年連続優勝中である。卒業生の残した記録を閉ざすわけにはいかない。いつもプレッシャーとの戦いである。

 選手達も「日本一」へと努力している。昨年はインターハイで5位、国体で3位であった。日本一まで近いようで遠い、今年はどんな年になるのだろう?出来れば表彰台の一番高い場所に立っていたい…練習をするしかない。「日本一」を夢で終わらせないためにもやるしかないのだ。

 今年の予選は小松市総合体育館で行われる。是非、選手達のパフォーマンスを見て頂きたい。きっとオリンピックに負けないぐらいの感動を与えてくれるであろう。

 最後に、いつも陰ながら応援して頂いているOBや保護者に感謝を申し上げると共に、今後ともご協力をお願いします。また、普段は言えないが、妻を始めとする家族に「ありがとう」と言うとともに、もう少しの間、夢にお付き合い願いたい…

2007年10月10日 (水)

【第9回】喜怒哀楽

 男子卓球部の監督になって、早12年です。

今年のインターハイ(全国高校総体)も終わりました。
準々決勝で優勝した青森山田高校と対戦し3-2で負けてしまい5位でした。
国民体育大会でも、青森県に負けてしまい3位でした。
負けはしましたが、生徒達の頑張りに感動しました。

 同時に「何で勝たせてあげられないのだろう」と涙しました。
日々、反省の毎日です。

 私は試合の緊張感が大好きです。
生徒と共に感じる空気は言葉では表せません。
写真は一番好きな瞬間です。ゴリラと間違わないでください(笑)

遊学館には、生徒と一緒になって喜怒哀楽を共にする先生方が沢山います。
例えばコブクロの歌詞にある「共に歩き、共に探し、共に笑い、~(後略)」
…そんな先生・仲間が沢山います。

 遊学館で一緒に喜怒哀楽を楽しみませんか?
 色々な日々を描いて見ませんか?

 今は新メンバーと来年の夏へ向け、汗を流しています。

来年はどんな夏になるのでしょう?
一番高い表彰台に立っているのでしょうか?

そんな事を描きながら、これからも喜怒哀楽の激しい監督でいたいと思います。

Viewimg_14
一番好きな瞬間  <「月刊 卓球王国」より提供>Viewimg_15
インターハイで活躍する選手  <「月刊 卓球王国」より提供>

カテゴリ

teacher_list