初道 次郎 (地歴公民)

2018年7月19日 (木)

【第537回】 守破離

 私が剣道部の顧問をしていた時に、「守破離(しゅはり)」という言葉を知りました。その意味は

守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。

 ① まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。

 ② その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、
   より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。

 ③ 最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、
   自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から
   「離れ」て自在になることができる。

武道等において、新たな流派が生まれるのはこのためである。

個人のスキル(作業遂行能力)をレベルで表しているため、茶道、武道、芸術等だけでなく、スポーツ、仕事、勉強、遊び等々、世の中の全ての作業において、以下のように当てはめることができる。

 ① 「守」=支援のもとに作業を遂行できる ~ 自律的に作業を遂行できる
 ② 「破」=作業を分析し改善・改良できる
 ③ 「離」=新たな知識(技術)を開発できる

(ウィキぺディアより抜粋)

 何事においても、いきなりオリジナルのものを生み出すのは難しいものです。まずは模倣からはじめればよいのです。指導者の教えを守り、上手い人の技術を真似るのです。次に自分独自の創意工夫を行い、最後には自分で新しいものを作りだす。

 今年、1年生の学年主任となり、この「守破離」を総合学習の時間のテーマにしました。まずは文章の表現力をあげるために、いい文章を何度も読み、いい文章をまねて何度でも書いてみることからはじめています。いきなり自分の意見を書ける人は多くありません。そこで、同じ高校1年生が書いて、賞を獲ったような素晴らしい文章を読み、そのまま作文用紙に写して書いてみます。そのようなことを繰り返していくうちに、自分の文章が書けるようになったり、最終的には自分の意見が言えるようになることを目指しています。

 まだはじまったばかりの「守」の段階ですが、3年間続けることにより、「破」「離」の段階へと進みたいと思っています。

 卒業するころには
「 青は藍(あい)より出でて藍より青し 」 =弟子が師匠を超えること  となってほしいと思っています。

「青は藍より出でて藍よりも青し」は「出藍の誉れ」とも言う。青色の染料は草の藍からとるが、それはもとの藍草よりももっと青くなる。そのことから、親や先生よりも優れた才能を示したり、仕事をしたりしたときに使われる言葉である。ここでは学問というものはどんどん発展していくのだから、自分で「ここで終わり」という制限をかけて努力をやめることをせず、学び続ける大切さを説いている。

 遊学館で自分の新しい可能性を生み出し、社会で活躍できるような人間に成長して欲しいと願っています。

2017年2月16日 (木)

【第465回】 < 偶然の重なり >

 先日、遊学講座閉講式が行われました。
 土曜日に行われる遊学講座で一年間お世話になった講師の先生方に、感謝の意を伝える式です。
  本年度の閉講式はいくつかの偶然が重なってとても素晴らしいものとなりました。

 まず、遊学講座が25周年を迎えたことです。25年間続けて講師をしてくださっている先生方に感謝状が贈られました。本当に多くの講師の先生方にお世話になることで、講座を続けられていることを実感しました。

 次に、第一体育館が建て替え工事中ということで、本年度は歌劇座で式がおこなわれたことです。アカペラやフラダンス、カポエイラの講座が成果披露をしてくれましたが、照明や音響も良く、よりいっそう素晴らしいステージとなりました。

 さらに、多くの卒業生が華を添えてくれたことです。
 これも本当に偶然ですが、映像会社で働いている卒業生が自分の技術力アップのために母校に関わる映像を制作させてほしいとの依頼が来て、遊学講座の講座風景を撮影しDVDに編集してもらいました。式で映像を流しましたが、短い期間の中で素晴らしい映像を制作してくれました。

 フラダンスを披露してくださった先生方の中にも卒業生が2人おり、素敵な踊りをみせてくださいました。(遊学講座にはフラダンスまである!!)

2902161

 カポエイラの講師の先生も本校の卒業生であり、素晴らしい歌声、パーカッション、踊りを披露してくださいました。また彼は、カポエイラを全国に広める活動をしており、毎年ブラジルへ行って勉強をし続けているとのことでした。(なんとカポエイラの日本の本部は石川県だそうです!)

2902162

 このように多くの卒業生が活躍している姿を見ることができて、在校生にとってもとてもいい刺激になったと思います。

 この卒業生の皆さんに一言ずつ生徒に言葉をかけていただきましたが、みなさん口をそろえて  「自分が好きで、夢中になれることを見つけてください。」とおっしゃっていました。

 その言葉を実践し、自分を磨いて、素晴らしい技術や演技を見せてくださった方々の言葉だけに、とても伝わるものがありました。

 「自分が好きなことを見つけること」そして「継続することの大切さ」を実感できた式になりました。

 私も音楽が好きで、高校生の時からバンドをやっています。今でも学園祭で教員バンドを組んでいます。妻からはまだやってんのとあきられていますが、やはり自分が夢中になれることであり、普段とは違う形で生徒と関わることができる素晴らしい時間です。そのようなものに出会えて幸せであると思います。

2902163本年度 学園祭 教員バンド  歌劇座にて

「自分がすきなことを見つけること」そして「継続することの大切さ」をあらためて実感できた式となりました。

 中学生の皆さんも、ぜひ遊学館に入学されて、さまざまな体験を通して、
「自分の夢中になれるもの」を一緒に見つけましょう!!

2015年10月 8日 (木)

【第397回】 思わぬ幸運

朝、日本人が2日続けて
ノーベル賞を受賞したニュースを
テレビで見ました。

そこで思い出したのが
昔、雑誌で脳科学者が話していた
「セレンディピティ」という言葉です。

それは「思わぬ幸運に偶然出会う力」
「偶然をとらえて幸運に変える力」
といった意味の言葉だそうです。
Aを追及していたら
偶然にBという幸運に出会うということ。

科学の重要な発見には
「セレンディピティ」が大きな役割を
果たしているらしいとのこと。
ノーベル賞を受賞した田中耕一さんは
試薬の配合を間違えたことで
大きな発見をしたのだとか。

今回受賞した大村さんも
ゴルフが趣味で
ゴルフ場の土も採取したところ
貴重な微生物を発見したとのこと。

そんな思わぬ幸運に出会う方法は?

とにかく行動を起こすことだそうです。
「目標が見つからないから何もしない」
という人がいますが
脳科学の立場からすると
目標というのは行動する中でからしか
見つからないものだそうです。
何かを本気で求めている人には
幸運が舞い込んでくるのかもしれませんね。

中学3年生のみなさんは
受験勉強に必死に取り組んでいると思います。
高校に入学したら
ぜひいろんな事に挑戦してほしいと思います。
遊学館もいろんな「セレンディピティ」に出会える場所です。
部活に、勉強に、遊学講座に。
遊学館に入学して本気で何かに打ち込めば
あなたも将来ノーベル賞をとれるかもしれません!

2014年5月29日 (木)

【第329回】 < 山歩き >

 先日、医王山で行われたトレッキング(山歩き)に、家族や友人たちと参加してきました。

 登山道を歩いていると、多くの登山者たちとすれ違います。もちろん初めて会う人たちなのですが、みなさん必ず「こんにちは」と素敵なあいさつをしてくださいます。登山者のマナーなんですね。「がんばって!」「景色がきれいですよ」などの声をかけてくださる人もいます。そのあいさつで、疲れがふっとんだり、元気に登ろうという気力がもどってきたりします。あいさつって本当に大切なんだなぁと思いました。

 また、せまい登山道をすれ違う時には、どちらかが道をあけて安全に通れるようにします。どんなに疲れていても、初めて会う人であっても、お互いが気を遣いあって、素敵な山登りになるようにするのです。

 一緒に歩いた子供たちも、大きな声であいさつを交わしたり、友達を励ましたり、普段では見ることない、たくましい一面を見せてくれたりします。

 私は歩きながら、このようなことは普段の授業では体験できない貴重な経験だなぁ、と子供たちを見ながら考えていました。

 しかし、遊学館には「遊学講座」があることを思い出しました。武道やスポーツ、資格取得など様々な講座から選択して、土曜日の午前中に受講できるものです。講師の先生方も、本校の先生のみならず、その道のプロの先生方が教えてくださいます。私も「弓道」や「空手道」など、さまざまな講座を巡回してきましたが、技術のみならず、礼儀作法やそれぞれの先生方の人生観など、多くのことを生徒たちが学んでいる姿を見てきました。講座で受講した武道を卒業後も続けていたり、逆に卒業生が講座の講師として生徒を教えてくれたりもしています。まさに、普段の授業では経験できないことを、学べる講座が遊学館にはあるのです。

 また、部活動も盛んですし、体育祭や学園祭なども生徒たちが主体的に動いて、楽しいものとなっています。遊学館の生徒はあいさつも良いと、来校者の方々に褒められます。

 中学生の皆さんにも、他では体験することができないものがある遊学館高校に興味を持ってもらえたらと思います。

 受験も山歩きのように、自分の将来のために頑張るのはもちろんですが、友達と励ましあったり、支えてくれる家族に感謝したりしながら目的地につけるよう歩き続けてほしいと思います。

 

260529滝のそばでマイナスイオンをたっぷりあびてきました

続きを読む "【第329回】 < 山歩き >" »

2013年1月31日 (木)

【第265回】 < 成幸者 >

 3年生もそろそろ卒業をむかえる時期になってきました。
 私は2年生の担任を何年間か続けていますが、前の年に担任だった生徒たちの進路が当然気になります。
 自分の希望通りの進路に決定したと報告をしてくれる生徒を見ると、こちらもとてもうれしくなります。しかし、残念ながら全員がそのような報告ではありません。

 ある年の3年生に「受験に失敗しました。浪人するかどうか迷っています。先生は浪人して良かったですか?」と相談されたことがありました。

 自分も高校3年の時には第一志望大学には合格せず、その時には周りの合格した生徒をうらやましく思い、「自分はもうダメだ」などとやる気をなくしたこともありました。

 しかし、変な話ですが、ちょうど予備校を舞台にしたドラマが始まり、それを見て、自分もどうせ浪人するんだったら、前向きに楽しく(?)予備校ライフを過ごそうと開きなおり、勉強にはげみました。そのおかげかは謎ですが、次の受験では第一志望に合格しました。

 大学に入学し、いくつかのサークルに入り、充実した大学生活を過ごせたと思います。それは多くの友人たちに恵まれ、視野を広げ、様々な経験をしたからです。

 そんな時に、自分が思ったのは「こいつらに出会うために、オレは浪人したんだなぁ」との思いでした。だから、「受験に“失敗”したんじゃなくて、ちょっと人生のまわり道をしただけなんだ」と考えれるようになりました。浪人して親には心配をかけたけれど、合格した時の母の涙も忘れられない思い出です。

 発明王のエジソンは、実験がうまくいかなくても「これは失敗ではなく、この方法ではうまくいかないということがわかったから成功である」と考え、あきらめることなく実験をつづけ、多くの発明品を生んだそうです。

 プロゴルファーの青木功さんは、野球でピッチャーをやっていたが、県大会への決勝戦で痛恨のサヨナラ負けをし、野球をやめたそうです。しかし、野球をやめて時間がありあまってしまったので、ゴルフ場でバイトを始め、のちに「世界の青木」と呼ばれるほどのゴルファーになったとか。

 だから、その時は救いようのない失敗に思えることでも、前向きにあきらめずに進んでいけば、後々の人生にとっては幸せにつながることもあるんだと思います。

 今年の3年生たちにも、素晴らしい出会いをし、充実した人生を過ごしてほしいと願っています。

 以前読んだ本に、こう書いてありました。

本当の成功者は、人生を豊かにする “ 成幸者 ” である。

2011年9月22日 (木)

【第200回】 <がんばる>

2年ほど前にある本を読んでから
「頑張る」を
「顔晴る」と書いてます。

顔を晴れやかにして努力していると
自分もリラックスしてやれるし
周りの人たちもさわやかな気分にして
協力してもらえるとのこと

言葉って使う漢字1文字で、言い方一つで
変るんだと思い使い始めました。

そういえば、先日、ニュースのインタビューである人が
「東日本大震災の被災者の方たちは
 もうすでに頑張っているんだから
 頑張れというより
 他の言葉で励ましたい。」
と言っていました。
いろんな考え方があるんだなぁと思いながら
「顔晴って」ならいいのではと考えていました。

いつも笑顔でいるのは難しいかもしれません。
私も悩んでいる時には難しい顔をしていることが多いです。
でも普段「顔晴って」いると
悩んでいる時には生徒が
「先生らしくないよ、スマイル!」
「先生、上を向いて歩いて!」
「先生、 顔晴る やよ!」(笑顔で)
と逆に励ましてくれます。
そういう言葉に救われることが多いです。
自分も生徒に「顔晴れ!」と励ましています。

中学生の皆さんも
勉強に部活動に
「顔晴って」ください!

最後にある有名な剣道家がおっしゃっていた
言葉を

人が感心するほどの努力をし
人を感動させ
人に常に感謝の気持ちを持つ
目指せ 「 三感王! 」

2010年3月24日 (水)

【第126回】100年後にも桜の花が咲きますように

今日の朝、テレビを見ていると、「100年後には日本の太平洋側では桜が咲かないかもしれない。」というニュースをやっていました。100年後といってもピンと来ないかもしれませんが、自分の孫の時代にはそうなってしまうかもしれないと考えるとそう遠くはない話に思えます。

原因は地球温暖化です。気温が上昇すると冬が寒くならない。そうすると桜が冬という季節を感じなくなるので咲かなくなるそうです。桜は冬の寒さに耐えてこそ、春の暖かさを感じて花を咲かせるのです。

このニュースを見ながら思い出したのが、先日読んだ本のことです。「仕事とは何か」という質問に対して、様々な人が答えるインタビューを集めた本でした。ある大学教授の話です。ものごとがものすごくうまくいっている時に困難が現れると「あー、これでうまくいっていることがダメになる。」と思ってしまうひとが多い。
でも、その時に「この困難が現われなかったら、もうちょっといい加減なものになっていたかもしれない。これが現れたということは、もっとちゃんとしたものにしなさいという意味なんだ。」と考えればいい。その結果、より素晴らしいものに仕上がるだろう。自分で自分の成長を感じ取れるし、まわりの人たちも、「あの人は、あの困難を克服した人なんだ。」と認めてくれるでしょう。という話でした。

私自信も思い起こせば、様々な困難にめぐりあい、それを多くの人達の助けによって克服してきたと思います。それらの経験がなければ、もっといい加減な人間になっていたかもしれません。もちろん、まだまだ未熟な人間ではありますが。あの厳しい寒さを感じたからこそ、成長の喜びや人々の温かさを感じ取ることができたのです。

これから中学3年生になるみなさんも受験勉強にがんばられると思います。ぜひ、その厳しさに耐え、来年の春には花を咲かせてください。

そして私達は、100年後にも日本で桜が咲き続けるためにはどうすべきかも考えていかなければなりません。

2009年5月27日 (水)

【第87回】前に進むための満足

 先日、テレビ番組を見ていたら、イチロー選手が次のような発言をしていました。

「何か課題や目標を定めて、達成したら大いに満足をするべき。そうでないと人間は気持ちがもたない。満足するのも自己評価。僕はむしろ満足人間です。満足の先には必ず次の満足に向かう課題が現れるもの。その時は、また全力でそれを目指せばいい。

 イチロー選手といえば、すばらしい結果を出しても決して満足しない人という印象が強かったので、意外でした。でも、彼もやっぱり人間。自分で自分のことをほめてあげてたんだなぁ、と思いました。そういえば、最近よくテレビに出ている脳を研究している博士も、

「できないことができるようになったとか、知識を得て疑問が解消したとか、どんな小さなことでもいいから喜びを感じる経験を積み重ねることが脳を活性化させる。

と言っていました。ただ、2人の発言で重要なのは、あくまでも

「次に進むために満足する。」

ということ。満足したところで、立ち止まっていては意味がないのです。
イチロー選手は次のようにも言っていました。

「自分の信じるやり方を貫くには、自己評価が一番厳しくなければならない。自分の可能性を広げるには、自分で自分を高いレベルで妥協なく教育するしかない。

博士も言っています。

「やる前は無理かもしれないと思っていたけれど、やったらできた」という意外性ほど、脳を活性化させるものはない。」

そう、最初は簡単なことでもいいから自分をほめてあげる。でも、超えるべきハードルが低すぎても、脳は喜びません。次に超えるべきハードルを高くしていくことが、大きなゴールにつながっているのです。

そのために必要なのが、師の力です。授業なら教科担任、部活動なら顧問の先生方の話をしっかりと聞いて理解する。ハードルを超えるための技術をしっかりと伝授してもらうことです。勉強もスポーツも上手になることが楽しむ第一条件。あるスポーツ選手が言っていました。

「遊びも、勉強も、スポーツも、仕事も、真剣にやるから面白い。小さいころ、鬼ごっこに夢中になったでしょ。あれは絶対に鬼になりたくないって真剣にやってたから。そこから、よけ方やつかまらない逃げ方を学んでいく。真剣にやるから上手くなる。上手くなるから面白い。何事も楽しみたかったら上手になればいい。

日々の授業で、できないと思っていた問題が解けた、ノートをしっかりととれた、恥ずかしがらずに質問できたなど、まずは小さなことでもいいから、脳を喜ばせてあげましょう。部活動では、昨日できなかった技が出来たとき、昨日5点しか取れなかった相手に6点取れたとき(たった1点と言わずに!)、仲間とともに気持ちの入った練習が出来たとき、自分をほめてあげればいい。そして、先生がたのアドバイスを聞いて、勉強も、スポーツも、芸術も、清掃も上手な方法を学んでいく。

 そして、次の日また、昨日の自分を越えたときに満足し、次の課題を見つける。あるいは、師が超えるべき課題を与えてくれるでしょう。そうやって自分を高めていき、2年後の自分の可能性を広めていって欲しいと思います。

2008年7月30日 (水)

【第48回】夏の暑さなんかより、もっと熱い応援!

「7・8・9回で3点ずつ取れば逆転や。」
「もっと応援もりあがろう」

 女子生徒の声でハッと我に返りました。

 7月24日に県立野球場で行われた、高校野球の決勝戦でのことです。
 6回裏、金沢高校に一挙5点を取られ、2対8のスコアになったときには正直、あきらめのムードが周囲に漂いました。そのような時です、女子生徒の声が聞こえたのは。普段、私も部活などで「最後まであきらめるな」ということを言っているくせに、そんな気分になっている自分が恥ずかしくなりました。なによりグランドで戦っている選手は決してあきらめていないはずです。私は立ちあがって、残りの回は守備の時でも座らずに応援し続けることを決心しました。

 スタンドの応援も、野球部員の盛り上げで大きくなり、7回に2点、8回にも2点返したときには、「絶対に逆転できる」という確信がスタンドに広がりました。

 そして9回、あの3ランホームランです。鳥肌が立ちました。3塁側スタンド全体が揺れました。泣いている子もいます。「最後まで決してあきらめない」野球部がそれを体現してくれた瞬間でした。

 結果は逆転サヨナラ負けでした。しかし、ここまで心が震える経験は何年かに一度あるかないかだと思います。

 試合後、多くの保護者から「素晴らしい試合でした。」「遊学館を誇りに思います。」などのお言葉をいただきました。私の友人からも、「おまえ、遊学館の先生やっとるのうらやましいわ。」と言われました。

 野球部のキャプテンは全校登校日にお礼のあいさつとして「あの応援があったからこそ、最後までがんばれることができました。」と述べました。

 受験生の皆さんにも、心から応援してくれる人たちがいると思います。最後まであきらめず自分の目標に向かって頑張ってください。その目標が本校であれば嬉しいです。

 そして、来年の夏には一緒に熱い応援をしましょう!

2007年10月24日 (水)

【第11回】再会

 私立学校の良いところの1つに、基本的には先生方の転勤がないところがあげられます。ですから、卒業して何年たってからでも遊学館に来れば、高校時代に教わった先生方と再び逢うことができるのです。高校生の気持ちに戻って恩師と語り合うことができるのです。

 今年度も多くの卒業生が、職員室に遊びに来てくれています。

大学へ進学して垢ぬけた人
就職して大人っぽくなった人
赤ちゃんをつれてきてびっくりさせる人

 そして、多くの卒業生が、「高校時代はめちゃくちゃ楽しかった。」「遊学館でよかった。」などと言ってくれます。

 しかし、もっと嬉しいのは、「先生に相談して選んだ、今の大学を選んで良かったです。」「就職して、資格取得に向けて頑張っています。」「子育て大変やけど、しっかりやっとるわ。」などと、「今」を充実させて生きている言葉を聞いたときに大きな喜びを感じます。

 さらに、「あのとき先生に言われたこと、高校時代にはわからなかったけど、働くようになってから、親になってからすごくわかるようになりました。」などといわれたときには、教師という職業は、学生時代だけではなく、一人の人間の未来にも大きく関わっていることを実感します。

 遊学館には、生徒からの様々な相談に、親身になって聞いてくださる先生方が多くいらっしゃいます。ですから、多くの卒業生がうれしかったこと、悲しかったこと、いろいろなことを職員室に報告しに来るのだと思います。

 中学生のみなさんも、最高の進路を選択できるよう頑張ってください。そこには、新しい友人や先生との素晴らしい出会いが待っていると思います。できれば、それが遊学館であることを願っています。

カテゴリ

teacher_list