杉本 康大 (理科)

2018年8月 2日 (木)

【第539回】 『受験生』

 現在3年生の担任をしているが、この時期の受験生の気持ちはたぶん、不安・焦り・よくわからない(現実を受け止めていない)のどれかではないかと思う。
 中学3年生では、進学する高校を決め、さらには理数科など文理選択を伴う決定をしてしまう生徒もいる。高校に入れば、1年次に文理選択やコース選択があり、3年では卒業後の自分の人生と向き合わなければならない。最終的には皆、就職する方向に向かって動いているわけだが、生徒一人一人によって、目指す進路も多様化し、就職や専門学校・短大・大学への進学等様々である。特に遊学館は、ダイバーシティが生徒の個性と同じくらい進路指導に関しても存在している、なかなか珍しい学校ではないだろうか。
 この社会では何歳までに就職しなければならないという決まりはない。それぞれがそれぞれのタイミングで社会の仲間入りを果たしていくだけである。ならば、それまでにどれだけこだわりを持って、自分自身と向き合うことが出来たかということが最も重要だと私は考える。結局、大学に進学しても就職が延期になっただけと考えるならば、その時間を何に使えばよいかということになる。ある人は留学して自分だけが体験したことを糧として、就職に向き合っていくであろうし、ある人は自分の興味関心のある分野をとことん探求することで、学び続ける面白さに気付き、就職に結び付けていくかもしれない。
 大学は専門学校と違って、職業訓練的な要素はかなり少ない。みんなが行くから自分もではなく、自分だけのこだわりを持って進学してほしい。専門学校のように、もう何者になるかを決めて進学する人のほうが、高卒で社会の一員として就職をする人のほうが、実は自分と一番向き合えた者なのかもしれない。
 しかし、実際はどんな選択をしようと自分自身としっかり向き合った上で結論を出せた者は少ないのではないだろうか。だからこそ、中学生だろうと高校生だろうと受験生には、自分が就職するまでに必要だと感じる時間を逆算して考えてほしいと思う。その時間が君たちに残された社会人になる為の時間である。だから、1分1秒も無駄にはできないし、受験がゴールとなることもない(社会人がゴールであるわけでも決してない)。
 今の漠然とした不安や焦りは自分自身と向き合う絶好のタイミングと捉えて最後まで諦めずに、自分だけのこだわりを貫いてほしい。

2017年2月28日 (火)

【第467回】 『ご卒業、おめでとうございます』

本校は基本的に日曜日ではない限り、3月1日が卒業式となる。明日はその卒業式の日である。私が遊学館に赴任してから変わらず、その日が卒業式であり、式典の厳粛な雰囲気も本校の体育館で行われるということも何一つとして変わりはなかった。しかし、今回は式場が異なる。これは今に始まったことではないが、体育館の建て替えのため、本年度の入学式からというもの、金沢歌劇座での行事が多く行われた。

遊学館はその恵まれた立地条件によって金沢市内の多くの施設を利用して学校行事に参加できる学校である。その行事に参加するには、決められた時間にその場所に集合するという当たり前の行動が伴ってくる。一見、簡単そうに感じるが約1400人もの生徒がいつもと違う道を慣れない交通手段で集合時間に間に合うようにすることは容易ではない。特に慣れていない1年生は事前に場所や移動手段の確認をしないと遅刻してしまう。誰が言ったわけでもないが、私はこれが遊学生としての最低限身に付けるべき能力だと思う。そして、卒業して社会に出るときに必要な能力の一つでもあると思う。それは目標を設定し、そこにたどり着くまでの道筋と手段、所要時間を見積もって、歩を進めていく人生に、本質的には似ているからだ。

明日の卒業式も金沢歌劇座で行われる。何か、いつもより特別な卒業式になるような気がしてならない。卒業生の皆さんには遊学生の集大成として、式を全うされることを期待したい。素敵な卒業式になること、そして卒業生にとってかけがえのない思い出になることを祈って、一足早いが、『ご卒業、おめでとうございます』

2015年10月29日 (木)

【第398回】 やってみないとわからない

  私は毎週土曜日の遊学講座『菜園』の巡回担当をしている。
先週の土曜は安納芋の収穫だった。
掘ってみると、ものすごく大きい芋が出現。
生徒も注意深く、途中で折れないように周りの土を除けて作業する。
私もスコップで参戦。
いつの間にか、私が生徒よりもワクワクしながら掘っていた。
10分か、20分か、どれくらい経ったかは分からないが、大きな芋がいくつも連なって、その全貌を現した。
土の中にいたときには分からなかったが、大変立派に育っていた。
掘ってみなければ分からない。
そう思った。
 その日の昼から本校の女子バレー部が決勝、次の日には本校のサッカー部が準決勝、と盛りだくさんな週末だった。
選手だけでなく、応援に駆けつけた生徒も頑張ったすばらしい試合だった。
スポーツもやってみないとわからない。
 3年生にとっては今が受験シーズンの真っ只中。
1人1人の将来に向けたチャレンジがそこにある。
これもまた、やってみないとわからない。

2014年6月12日 (木)

【第331回】 マイブーム

 昨年、富士山が世界文化遺産に登録され、また再来年には8月11日=山の日という祝日が加わる。近年、登山を始めた人も少なくはない。私もその一人だ。

 二年前の夏、誘われて勢いだけで行った白山登山。そのときが初めての登山だった。序盤の調子はどこかへ飛んでいき、中盤にはここへ来たことは選択ミスだったと心の中でこっそり思っていた。しかし、頂上に着いて感じた何とも清々しい充実感、下山してこみ上げてきた達成感が私の心の中を満たしていった。

 翌年には富士山登山を計画し、無事登頂できた。このときも中盤では高山病の気がありながらも登ったため余裕では全くなかったが、下山するときには次に登りたい山のことを考えていた。そして20日後には白山の御来光を見ていた。

 自分が高校生のときに、まさか登山をしようとは考えもしなかった。しかし、自分の知らない世界に飛び込んでいくときの高揚感はいくつになっても変わらないと思う。先日、遊学講座の一環としてこのような話を全校生徒に向けて話す機会をいただいた。遊学精神の涵養のもと、本校の遊学講座は他校にない特色の一つとなっており、まさにこの話は多くの高校生がまだ見ぬ、ひょっとすると一生見ることがないような扉の近くまで案内するものだったと思っている。

 しかし、ここで終わっては単なる旅番組よりお粗末である。私が生徒達に一番伝えたかったのは、山を登るときの思考である。体力に自信のない私は、楽に登ることばかりを考えている。それだけを考えて登っている。どうしても山頂に着きたいからだ。よって、確実に登るために無理はしない。ごつごつした岩場を登るときには歩幅は狭く、膝に負担をかけないため段差はなるべく低いほうがいい。ふと思う。勉強やスポーツも同じ発想なら、目的地まで積み重ねていけるのではないかと。その日だけ、10時間の勉強や、500回の腹筋をしてみても、すぐには望んだ自分は手に入らない。出来ることから少しずつ毎日積み重ねて、ようやくたどり着ける領域がある。

 さらには、日が暮れるまでに登ってしまわないといけない、試験本番までに目指した学力以上にはなっていたいなど、物事には必ず期限がある。少しずつというわけにはいかないかもしれないが、結果を出したい人はこの山を登るときの思考を是非活用してみてほしい。そうすれば、頂上にたどり着けるかもしれない。ただ確実に言えることは、そこには今までに感じたことのない充実感や達成感が待っているということだけだ。

1白山の御来光(昨年)

26月7日(土)遊学講座の講話の様子

続きを読む "【第331回】 マイブーム" »

2013年2月21日 (木)

【第268回】 学校は百代の過客にして、行き交う生徒もまた旅人なり

 2月は、本校の高校入試や3年生の仮卒業式、自主講座の閉講式など行事が多い。その一方で、もうすぐ新学年を迎えることになる。毎年、1年生特進クラスを担当している私は、2・3年生特進クラスが横並びということもあり、自分が1年生のときに担任した生徒とよく階段や廊下ですれ違う。そして、必ずと言っていいほど、「もうすぐ3年生だね」、「もう卒業?早いね!」、4月になれば、「もう2年生?この間、入学してきたと思ったら」、「あっという間に3年生やな」などの言葉を生徒にかけている気がする…。中には本校の入学試験で出会ってからの付き合いの生徒もいる。こういった1年1年の生徒の成長を見届けられるのは教師をやっていて楽しい部分である。

 しかし、本当に月日が経つのは速い。それは我々に無言のプレッシャーとなって重くのしかかってくる。この短い3年間でどれだけ生徒達を成長させてあげられるか?この課題をクリアすべく私たち教員の教育活動が行われているのである。この限られた時間の中で、〈生徒の努力+教員の努力=最高の結果〉となるように今日も授業をしている。

 もうすぐ新たな旅人たちが本校にもやってくる。どんな1年になるだろうか。楽しみである。

2011年11月10日 (木)

【第207回】 『未来の自分からありがとう』

 10月末、1~3年生の特進クラスを対象とした進学講演会に東京からわざわざ中村一郎先生にお越しいただきました。そこでは、生徒たちもメモを必死にとるくらい非常に貴重なお話が聞けました。それは『大学受験10大(重大)原則』という、日頃から実践できる成績向上に役立つお話を簡潔にまとめたものでした。

 思わず、なるほどと頷けるものもあれば、耳にしたこともある内容も含まれており、やはり勉強方法はある程度共通部分があるのだと再び実感しました。

 中でも印象的だったのは、最初に言われた『素直さ』が大切だということでした。何事にも、まず言われたとおりにやってみるという実行力が必要不可欠であり、毎日顔を見ている先生より東京から来ていただいた先生のほうが生徒も素直に話が頭に入っていったような気がします。

 最後に一番印象的だったのは、10大原則の最後のお話の中で『40歳の自分にありがとうと言われる高校生活を送る』という言葉でした。中村先生は実体験も踏まえながら、『今、タイムマシンがあったら、浪人時代の自分に会いに行って、よく頑張ってくれた、ありがとう!と言いたい』とおっしゃっていました。その言葉に生徒同様、私自身も少し耳が痛くなりました。

― 過去に頑張った自分がいるから、現在の自分がいる ―

 この話を聞いた直後から生徒の様子に変化が現れました。勉強方法で悩んでいる生徒が多かったので、すっきりした顔で何かに向かって走り始めたようです。恐るべし、中村一郎パワー。ただし、継続できなければ結果はついてきません。これから先、我々に出来ることは、中村先生に作り出していただいたこの勢いをより大きく、長く続けられるように生徒の背中を後押しすることなのだと思います。

 ある人は大学受験をこう言いました。『たった3年間の我慢でその後の人生がほとんど決まってしまう。そんなにおいしい話は他にないだろう。』確かに・・・。

 最後に中村一郎先生、お忙しい中、本校に来ていただき本当にありがとうございました。そして、受験を迎える中学3年生、高校3年生の皆さん、あとわずかですが、頑張ってください。未来の自分からありがとうと言ってもらえるように。

2010年3月10日 (水)

【第124回】研修旅行in東京

 2年次に行われる研修旅行。
本校では、東京、九州、ヨーロッパ、アメリカの4つのコースから選ぶことができます。
私は今回、東京隊の引率ということで生徒150名と3泊4日の東京研修旅行に行ってきました。
これはそんな旅行から石川に戻ってきた生徒の代表として2年6組の鳥居 亮佑君が解散式で添乗員さんにした挨拶です。

 『この四日間は本当にいい時間でした。
初日の朝、起きた時のこの旅行への期待と少しの不安は今、達成感と満足感に変わってとても充実した気分です。これは添乗員さんのおかげだと思います。個人的なことになってしまうのですが、僕は添乗員さんの朝食会場での『遊学館高校の皆さん、おはようございます』という挨拶がとても印象的でした。正直なところ、僕達は3日目になると疲れてしんどそうな顔をしていたのですが、添乗員さんのいつもと変わらない挨拶に“今日も頑張らなあかんな”と思うことができました。』

 ―さらに鳥居君は我々教員や生徒にも挨拶を考えていました。ここでは時間がなくて話せなかった残りの一部分も加え、本人に代わり代読させていただきます―

 『また、東京隊の先生方、朝練から就寝までの時間、朝早くから夜遅くまで僕達を温かく見守って下さってありがとうございました。時にはルールを破ってしまったり、集合時間に遅れて迷惑をかけてしまうことがあったのですが、いつも僕達のわがままを聞いてくださってありがとうございました。この四日間で先生方との信頼関係がまた一段と深まったかなと思います。明日からの学校生活でも今までと変わらないご指導をよろしくお願いします。

 最後に、最高の時間を過ごしたみんな、旅行委員を代表して言わせて下さい。
四日間旅行委員についてきてくれてありがとう。全てのスケジュールがスムーズに行ったのはみんなの協力があったからだと思います。本当にありがとうございました。旅行委員からの最後のお願いとして、明日は学校へ全員出席で事後研修をしっかりやって研修旅行を締めくくりましょう。添乗員の方々、先生方、本当にありがとうございました。』以上

 今回の旅行を通して、生徒たちはまた1つ自立に向けて成長できたと実感しています。中でもクラスや班のまとめ役を立派に果たしたリーダー達(旅行委員)の責任感と行動力には目を見張るものがあり、旅行会社の添乗員の方にも過分な評価いただきました。とても遊学館の生徒らしい充実した研修旅行となりました。

 最後になりましたが本校の研修旅行に携わって頂いた関係者の方々、本当にありがとうございました。

Viewimg_20

2日目 夜の東京ディズニーランド

2009年6月 3日 (水)

【第88回】親になって思うこと

 先月、待望の第1子が誕生した。
 その日は里帰り出産に立ち会うため、前日の夜に石川県を出発し、7時間以上かけて車で向かった。朝7時に着き、産声をあげたのが8時40分。「おめでとうございます、元気な男の子です」と助産師の方が声をかけてくる。

 そんな風に想像していたのだが、
現実にはなかなか産声をあげず、分娩室の前でただただ不安だけが募る。数十分して分娩室から出てきた我が子を一目見せられると、すぐに保育器の中へ入ってしまった。病院の先生からは「少し呼吸しづらいようなので保育器に入れて様子を見ます」と言われ、妻に会うため分娩室の中に入ると泣きながら「保育器の中に入ってしまった、ごめん」

 大きな不安に押しつぶされそうになりながら、
一番不安な思いをしている妻には平静を装って「ちょっと呼吸しにくいだけだろ、大丈夫」と強がったものの、どうなるのだろうというのが本音だった。

 このとき遊学館の生徒の顔が浮かんだ。彼らは16年、17年、18年と周囲の人たちに見守られ、自分たちで危険を回避しながらその命を今日まで繋げてきた。そして、勉強や部活動に自分の人生の時間を費やしている。

 中には秀でた才能で素晴らしい成績を残す生徒も遊学館にはたくさんいることだろう。
また、結果を残せずに悔しい思いをする生徒もたくさんいることだろう。しかし、普段多くの時間を共にしているそんな身近な生徒たちが、急に私には羨ましく思えた。自分の息子もうち(遊学館)の生徒のようになってほしいと純粋にそう思ったのである。

 親の願いや期待は子供たちが成長すればするほど、大きく重く本人たちにのしかかる。
しかし、何かあったら最後には「生きててくれてよかった」と親は思う。

  遊学館の生徒たちへ
    せっかく生きているなら人生を一生懸命歩んでほしい。
    せっかく遊学館で高校生活を送っているなら、
    勉強にも部活動にも全力を出してほしい。
    もうすぐ総体・総文が始まる…
    せっかく出場するのなら、勝ってこい!遊学館!

Viewimg_4

2008年8月13日 (水)

【第50回】夏休み

ある夏休み中の私の一日…。

朝、8時過ぎに学校に着く。すると、中庭からはバトントワリング部、体育館からはバレー部の部員たちの声が聞こえる。職員室に向かい、9時から始まる3年生の夏期補習の準備をする。9時から10時20分まで大学受験を眼前にした3年生に化学の補習授業をする。(私の担当は理科です)

それが終わると今度は12時過ぎに自分のクラスの生徒が数人、
「教室で勉強していってもいいですか?」と聞きに来る。(私自身、1年9組の担任です)
私が「分かったよ」と答えてから、しばらくして
「先生、教室、吹奏楽部が使ってるんですけど…」とまた同じ生徒。
私は「じゃあ、特別教室で勉強しなさい」と伝える。

13時から男子バスケットボール部の練習が始まる。(さらに、私は男子バスケットボール部の顧問です)夏のバスケットボールコートは蒸し暑く、部員たちもこの暑さに負けじと一生懸命、汗と声を出す。地球温暖化といわれる昨今、こまめに水分補給はしているが熱中症にはならないかといつも心配しながら見守っている。

16時くらいに部活動が終わり、自分のクラスの生徒が勉強している教室へ向かう。そこで質問を受け、分からなかったら一緒に考える。(生徒たちの質問はほとんどが理科以外です…)

そして、17時。完全下校時刻を30分オーバーして、生徒たちと慌てるように学校を後にする。これが夏休み期間中の私の日課である。

遊学館には、夏休みであろうとそれぞれの目標を持った生徒たちが毎日出入りしている。
私一人が接しているだけでもこんなにたくさんの生徒が頑張っているのである。県外へ遠征に行っている運動部員、家で一人、夏休みの課題に黙々と取り組んでいる生徒もいるだろう。

遊学館のみんな、頑張れ!

2007年10月31日 (水)

【第12回】道端

 最近の出来事で、あなたが一番感動したことはなんですか?
と聞かれたら、皆さんは何と答えるでしょうか。

 一生に一度しか見ることのできない彗星を見たことと答える人、先週見た映画で泣いたと答える人、見知らぬ人に大変親切にしてもらってうれしかったと答える人、テレビで見た動物の出産シーンや昨日の夕焼け空と答える人、さまざまな答えが出てくると思います。

 実は、これはある大手企業の採用試験の面接時に問いかけられた質問だそうです。この質問には完璧な答えなどありませんが、質問の意図は日常生活の中でどれだけ平凡なことに感動を見い出せるかというものです。つまりその人の感受性の豊かさを測ろうとした質問だったわけです。

 『毎日通る道の脇に、いつもはなかったはずの小さくてきれいな花が今日は咲いていた。なんでもない日々の生活の中でありふれた風景にふと心を動かされる。』

 そのような物の見方や考え方が他人の長所を誰よりも多く見つけさせ、みんなが気付かないようなところに注目し、大ヒット商品を考案することに繋がっていくのだそうです。後者の大ヒット商品の考案は飛躍しすぎかもしれませんが、前者の他人の長所を誰よりも多く見つけるということは、社会において人間関係を円滑にする最良の方法です。

 『何となくムカつく』・『ウザい』という言葉をよく耳にします。人を嫌うことは簡単ですが、誰に対しても好意的に思うということは難しいことです。特に人口密度が高まり、対人トラブルが多くなった昨今ではなおのことです。そんな時こそ、安易に人を嫌うのではなく、自分だけが知っているその人の良い所を見つけることによって、気持ち良い日々が送れるのだと思います。

 遊学館にもいろんな分野で頑張って自分の長所を伸ばしている生徒や、目立たないことかもしれませんが良い心掛けを持ち、実践している生徒がたくさんいます。それが時には誰にも気付かれずに卒業を迎えることもあります。しかし、先生達は必ず見ています。だから、君たち生徒と向き合っていけるのです。遊学館の良さは、生徒一人一人の美点を見つけようとする先生方がたくさんいるということ、そして多くの生徒が自分自身の良さを見つけようと頑張っているところだと思います。

 皆さんもまずは明日、通い慣れた道(周囲の人)を見渡してみてください。あなたにも小さな花(自分にしか見えない、他人の良い所)が見えてくるかもしれません。

カテゴリ

teacher_list