« 【第185回】The Rose | メイン | 【第187回】色々な事に疑問を持とう »

2011年6月15日 (水)

【第186回】 幸せの在りか

 こんにちは。
 このコラムを書いている今は梅雨前の6月なんですが、
この時期はちょうどいい気温で、心地よい風も吹いて気持ちいいですねぇ。
最近は幸せな気分いっぱいで毎日を過ごしています。

 さて突然ですが、みなさんは朝起きて一番にどんな言葉を口にしますか?

 私はベッドで目が覚めたその時に「幸せだなぁ」と口にします。
別にステキなプレゼントが枕元にあったわけではないですよ。
いつもと変わらない朝でも、疲れ切った日の翌朝でも「幸せだなぁ」と言ってみるんです。

 すると身近な小さな幸せを見つけて幸せな気持ちになれるんです。
例えば今日でしたら窓から入る朝のやさしい光が「キレイだなぁ」と感じ、幸せになりました。

 人が幸せと感じるかどうかは一瞬一瞬の気持ちに左右されます。
 またその時の気持ちは意識が向いているものに左右されます。
 そして意識の方向は遣う言葉や考えていることに左右されます。


 例えば、「イライラする」という言葉を遣えば、
意識はどんなイライラすることがどれだけあるかということに向かい、
気分は悪くなり、不幸感が高まります。

 逆に、「幸せだなぁ」という言葉を遣えば、
意識は幸せを感じられることに向かい、気持ち良くなり、幸福感が高まります。

 最近、幸せは自分の中にあるんだなぁということを実感しています。

 そしてアメリカ合衆国初代大統領夫人のマーサ・ワシントンもこう言っています。
「私はどんな状況の下でも明るく幸せな気持ちでいようと決めました。
なぜなら、私は幸せか不幸せかは、周りの環境ではなく、
自分の気持ち次第であると経験から学んでいるからです。」

 みなさんの人生が幸せであることを願っています。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 今日一日がステキな一日でありますように!

カテゴリ

teacher_list