メイン

2019年6月27日 (木)

【第585回】 日記3日分A. K. (理科)

今回は、この1週間の出来事を3日分の日記にしてブログに載せることにしました。

6月19日
 アメリカからの留学生M君の最後の登校日だったので、授業が終わる5分前に彼に英語でメッセージを送りました。
 学校生活は楽しかったですか?たくさん友達はできましたか?いろいろなところに出かけましたか?理科の授業に出席してくれてありがとう。また会える日を楽しみにしています。

 M君からも英語でメッセージをいただきました。
 日本での生活はとても楽しかったし、ここに来てよかった。友達もたくさんできた。金沢も大好きだけれど、京都が印象に残っている。昨年度からありがとうございました。また会う日まで!

 私たちのために、ゆっくり英語で話しをしてくれました。最後まで優しかったM君でした。

6月21日
 帰宅する途中に、呼び止められて振り返ると、3月に卒業したT君とA君でした。数ヶ月でずいぶん大人っぽくなっていて、びっくりしました。声をかけてくれてうれしかったです。社会人1年生、頑張って!

6月22日
 ツエーゲン金沢とアルビレックス新潟の試合の日でした。新潟出身の私にとって、今日の結果は、・・・(泣)、でした。応援に行きたかったな〜。

2018年1月11日 (木)

【第511回】 帰省A. K. (理科)

 あけましておめでとうございます。
 週末は、センター試験ですね。受験される皆さんの健闘を祈っています。

 年末年始は、どう過ごされましたか?
 私は、実家のある新潟に帰省してきました。昨年は、家庭の事情で帰省できなかったので、肌に突き刺さるような日本海からの強風を受けて、久しぶりに新潟に戻ってきたのだなと感じました。
 若い頃は、帰省した時の何回かに一回は、母校を訪ねていました。
 私は私立高校の卒業生なので、いつ訪問しても、お世話になった先生が異動されていることもなく、笑顔で迎えてくださったのがとても嬉しかったことを覚えています(もう大半の先生が定年されましたが)。
 順調な時ばかりではなくて、弱音を吐きに行ったこともありました。「やっぱり、もうちょっと頑張ってみようかな・・」と少し前向きになって、今は廃止になった特急北越号に乗り、こっちに戻ってきたことも何度か記憶しています。
 帰省は、今でも私にとって、また日常に戻った時に頑張れる力を与えてくれるイベントです。
 春から実家を離れ、進学や就職される皆さん、たまには帰ってきてリラックスしてくださいね!親も喜びますよ。

2016年8月25日 (木)

【第440回】 この夏,英語にチャレンジA. K. (理科)

 毎日,暑い暑いと言っていますが,夜は秋の虫の声が聞こえてきています。8月も後半になりました。
 この夏休み中,道やお店で遊学館の生徒の皆さんに出会うことがありました。いつも元気にあいさつや,一緒に連れて歩いているうちの小学生にも,気さくに声をかけてくれて,皆さんの優しさがとてもうれしかったです。
  この間,学校からの帰り道に,外国人観光客の家族から道を聞かれました。日本語は,全く通じず,英語で,です。私は,英語がとても苦手なのですが,21世紀美術館に行きたいこと,バスに乗ったほうがいいか,もしバスに乗るならどこから乗ればいいのか等,相手の言っていることは,なんとか理解できました。ところが,答えるのがかなりたいへんで・・・結局,今いる場所から近かったので一緒に行きました。歩いている間もいろいろ話しをして,相手もかなりゆっくり話してくれて,言っていることは分かるのですが,返事は言いたいことの半分も言えませんでした。21世紀美術館に到着して,別れた後,学校が観光地の近くなので,今後もこのようなことがあるにちがいないし,道を説明できたらかっこいいよな〜と思って,しばらく英語からは遠ざかっていたのですが,ラジオの英会話を聞くことにしました。学生時代は,入試のためにいやいややって,受験が終わったら断捨離した英語でしたが,今は目標があるからか,ちょっとだけ楽しい。と同時に,いつも子供と一緒にイッテQの出川イングリッシュを笑いながら見ていましたが,実際に話しかけられて,出川さんは実はすごいんだ!!と思いました。英会話は度胸も大事なのかもしれません。ラジオの3日坊主はなんとかクリアしました。効果を過大に期待せずに,地味に続けていこうと思います。