« 【第248回】「したくないことはしない」 | メイン | 【第249回】 『近況報告』 »

2012年10月 1日 (月)

Vol.18 アシュリーへ、返信が遅れてごめんね。

 ※次の文章に登場してくる“アシュリー”とは、3年前にカナダから遊学館高校に
  短期留学をしていた女子学生です。遊学館高校の友人、先生、そして遊学館高校
  を大好きになってくれた留学生です。東日本大震災では、カナダの地元の大学で
  独自に募金活動をしてくれるなど、今でも遊学館高校にメールを送ってくれる心
  優しき女性です。カナダから日本に「遊学」した、まさに『遊学人』なのです。
  次の文章は、最近、アシュリーから送られてきた涙があふれそうな優しく・熱い
  メールに対しての私の返信です。アシュリー! 読んでくれていますか?

アシュリーへ

久しぶりですね。
なつかしいです。
ずっと、ずっと昔のような気がします。
アシュリーにとって、遊学館はいろいろなことを与えて上げられたでしょうか…。
毎年、留学生が来て、そして、お別れを迎えるとき、いつもそう思います。

でも、アシュリーは特別だった。
みんな、アシュリーが大好き。
何よりもアシュリー自身が、みんなの心の中に飛び込んできてくれた。
だから、みんなアシュリーに応えたい、何かをしてあげたいと思った。
アシュリーはみんなに溶け込もうと、人として一番大切な笑顔と、
積極的なコミュニケーションを毎日のように私たちに与えてくれた。
だから、アシュリーが静かだと、ふさぎこんでると、笑顔が無いと
とても心配だった。
私には今、小学校2年生の娘がいます。7歳です。
アシュリーのような女性になってほしいと思います。
何事にも一生懸命、小さなことに頑張る、全力で人生を生きる。

アシュリーの幸せを心から、心から祈ります。
最近、知った言葉があります。
職員室の私の机上のノートPCに、シールにして貼り付けてあります。
『自分に起こることすべては、必然で、必要で、ベストなことだ』
いい言葉だと思いませんか?
つらいことがあっても、苦しいことがあっても、それは必然で起こったこと。
それは自分が乗り越えるべき必要なこと。
そして、自分にとって障害ではなく、課題であり、チャレンジすべきことなのです。
最近、この言葉をつぶやきながら、授業に行きます。
アシュリー。毎日を前向きに! ポジティブに!

話は変わって、この前、授業中、“映画”をテーマに生徒たちと話していました。
“今まででいいなと思った映画は?”と質問されました。
私の好きな映画のひとつに『Life Is Beautiful』(1997、イタリア)があります。
第71回米国アカデミー賞で主演男優賞、作曲賞、外国語映画賞を受賞した作品です。
この映画に登場してくるグイドのような父親になりたいと思っています。
実は、先ほど紹介した最近出会った言葉、
『自分に起こることすべては、必然で、必要で、ベストなことだ』と同様に、
自分自身を励ます言葉がこの映画のタイトル『Life Is Beautiful』なのです。
仕事で疲れたとき、人生に悩んだとき、自分を見失いそうなとき、
これまでこの言葉が支えてくれました。
苦しいときこそ、つらいときこそ、笑顔で『Life Is Beautiful』…とつぶやくと、目
の前の障害が、自分が大きくなるための課題のように思えてきます。
次の新たな自分に出会えそうで、新しい明日が来るようで、ワクワクしてきます。

アシュリーに話しかけていると、目の前にいるようで、止まらなくなります。
アシュリーの勉強と宿題の邪魔になってしまいます。(笑)
もう終わりますね。
アシュリーの毎日が、
アシュリーの人生が、
アシュリーが生きているそのことが、ずっと『Beautiful』でありますように…
祈っています。

今日の金沢は沖縄から九州へと台風が通過しているため、夜遅くから雨のようです。
日本はようやく、暑い夏から、涼しくさわやかな秋へと季節は移っています。
私の家の庭では、秋の虫たちがすばらしいシンフォニーを奏でてくれています。

カテゴリ

teacher_list