« 【第47回】POWER TO MAKE DREAMS COME TRUE | メイン | 【第49回】それぞれの夏物語 »

2008年7月30日 (水)

【第48回】夏の暑さなんかより、もっと熱い応援!初道 次郎 (地歴公民)

「7・8・9回で3点ずつ取れば逆転や。」
「もっと応援もりあがろう」

 女子生徒の声でハッと我に返りました。

 7月24日に県立野球場で行われた、高校野球の決勝戦でのことです。
 6回裏、金沢高校に一挙5点を取られ、2対8のスコアになったときには正直、あきらめのムードが周囲に漂いました。そのような時です、女子生徒の声が聞こえたのは。普段、私も部活などで「最後まであきらめるな」ということを言っているくせに、そんな気分になっている自分が恥ずかしくなりました。なによりグランドで戦っている選手は決してあきらめていないはずです。私は立ちあがって、残りの回は守備の時でも座らずに応援し続けることを決心しました。

 スタンドの応援も、野球部員の盛り上げで大きくなり、7回に2点、8回にも2点返したときには、「絶対に逆転できる」という確信がスタンドに広がりました。

 そして9回、あの3ランホームランです。鳥肌が立ちました。3塁側スタンド全体が揺れました。泣いている子もいます。「最後まで決してあきらめない」野球部がそれを体現してくれた瞬間でした。

 結果は逆転サヨナラ負けでした。しかし、ここまで心が震える経験は何年かに一度あるかないかだと思います。

 試合後、多くの保護者から「素晴らしい試合でした。」「遊学館を誇りに思います。」などのお言葉をいただきました。私の友人からも、「おまえ、遊学館の先生やっとるのうらやましいわ。」と言われました。

 野球部のキャプテンは全校登校日にお礼のあいさつとして「あの応援があったからこそ、最後までがんばれることができました。」と述べました。

 受験生の皆さんにも、心から応援してくれる人たちがいると思います。最後まであきらめず自分の目標に向かって頑張ってください。その目標が本校であれば嬉しいです。

 そして、来年の夏には一緒に熱い応援をしましょう!