« 【第508回】 「遊学館高校バトン部、全国大会から戻ってきました!」 | メイン | 【第510回】 「何のために」 »

2017年12月21日 (木)

【第509回】 「冬といえば・・・」阿久津 光 (数学)

冬といえば・・・雪!
 雪国で生まれ、冬は雪に囲まれながら育ちました。20年以上も雪に囲まれてきたからなのか、今この文章を書きながら眺めている外の景色が懐かしいです。雪が積もると「冬が来た」と実感します。数年前に1年間だけ岐阜県に住んでいました。12月でも1月でも太陽が出ることに衝撃を受けました。冬という感覚が来ないまま春がやってきてしまいました。寒いのは本当に嫌いですが、自分にとって雪は四季を感じる大切な存在です。新潟に生まれてよかったなと。

冬といえば・・・全国高校駅伝!
 ここ2年ほど、京都まで足を運び、選手の皆の走る姿をこの目に焼き付けています。遊学館に来る前は、テレビで見ているだけでした。テレビでは最初から最後まで先頭ランナーを見ることができます。しかし、後方の様子がわからなかったり、姿を見たりすることはできませんでした。初めて現地で応援することができたとき、ものすごく興奮したことを覚えています。選手が自分の目の前を必死に駆け抜けていく、その姿に自分も全力で応援する。やっぱり直接見るのが一番ですね。

冬といえば・・・箱根駅伝!
 いつか見に行きたいと思いながらも、機会がなく、まだ行けていません。でも1月2,3日とコタツに入りながら箱根駅伝を見ていると、正月が来たなと実感します。始めて見たのは中学生の時でした。ある大学が4連覇をしたり、聞いたこともなかった大学が優勝したり、優勝候補が途中で棄権したり、これまで予想通りの結果で終わったレースはないと思います。だからこそ、ぜひとも見に行きたい。

冬といえば・・・手帳の買い替え!
 私は手帳を使っています。スマートフォンが主流のこの時代に手帳を使うことは古いと思われるかもしれませんが、私にとっては断然手帳のほうが使いやすいです。大学生になった2006年4月から今日まで、毎日日記を書いています。いつの間にか習慣になっていて、案外忘れることなく続けて来られました。たまに数年前の日記を読み返すことがあります。懐かしさを感じ、様々な出来事を思い返すことができる、大切な記録です。冬が来たこの時期に新しいものに替えることで、気持ちを新たに、また前に進もうと思います。


 自分にしかない季節の感じ方を持つことで、今まで以上に四季を楽しむことができるのではないかなと。それは生まれ育った土地を大切にすることにつながると思います。