« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月24日 (木)

【第325回】 「型破り」と「形無し」

 今年もたくさんの新入生が入学しました。フレッシュな表情の彼らを見ていると、すっかりくたくたになったこちらまで新たな気持ちになれるのですから、本当にこの時期は不思議でなりません。しかしながら時は過ぎ行くもの。はや四月も半ばを過ぎ、桜の花も散りつつあります。そして世の中では今も多くの情報が目の前を流れて行きます。今回もその中でふと耳にした話をしようと思います。

 少し前、ドライブ中に聞いていたラジオ放送で、様々なスペシャリストからお話を聞くというような番組をしていました。そのときはとある歌舞伎役者がゲストで出演されていました。歌舞伎といえば親から子へと芸が受け継がれる伝統の世界。何度も同じ演目を繰り返す歌舞伎では、遺伝子によって必然的に見た目や声質が似ている人の間で芸を受け継ぎ演じることは理にかなっていることなのですが、彼は何の縁もない一般の家庭からこの世界へ飛び込み、今や人気女形の一人として活躍している人でした。
 その時に話されていたのが、タイトルの「型破り(かたやぶり)」と「形無し(かたなし)」という言葉の違いです。歌舞伎の「型」とは、演目を演じる上での標準となる定められた演技・演出のようなものです。
 彼が歌舞伎を習う上で師匠に教えられたことの一つが、その「型」を覚えるということでした。先にも述べましたが、歌舞伎の特徴の一つに同じ演目を何度も演じるというのがあります。逆の立場でいえば、観客はいつ何度見ても同じものを楽しめるということです。演じる側はその演目の「型」を知らねば舞台に立てませんし、「型通り」に演じることがまずは必要です。それだけ聞くと歌舞伎は同じことの繰り返しでつまらないと思うかもしれませんが、「型」というのは先人が追及してきたものなので見る側にとっては何度も同じ感動を得ることができるそうです。その「型」をまずは覚え「型通り」に演じることが、彼に限らず歌舞伎には大事なことなのです。しかしながら、そのことが長い間日本人が歌舞伎に魅力を感じてきた全てだったのかというとそうでもなく、やはり新しいものを求める気持ちというものがあります。すると、「だったら最初から自由に演じればよいではないか。『型』を学ぶことに意味があるのか。」と言われそうですが、客に感動を与えるためにも追求されてきた「型」なのですから、「型」にはまることなく自己流で無茶苦茶にやるほうが感動を与えられない無意味なことなのです。実はこれが「形無し」です。反対に「型」にはまってしっかり基本を学び力をつけ、そしてあえて少しはずし効果的に乗り越える。これが「型破り」です。見慣れている観客はそこに新鮮さを感じて引きつけられるのです。基本が出来ていて「型」があるからこその「型破り」なのであって、土台もないのに新しいことをするのはただの「形無し」になるだけだそうです。

 「型破り」と「形無し」。言葉というのは、少しの違いで全く正反対の意味になります。だから正しい意味で言葉を知るということは大切なのだと立場的には言いたいのですが、それ以前に気付いてほしいのが先に述べた内容は歌舞伎の世界に限ったことではないということ。どの世界においても参考になる話だと思いました。
 そこで遊学館高校に通う皆さん。皆さんにはぜひ「型破り」な人間になってほしいと願います。そのためにはまず、どっぷり『遊学館高校』という「型」にはまることをお勧めします。「形無し」にならないためにも。そして卒業を迎える頃には「型破り」な人間となって世界へ羽ばたいていきましょう。そのとき皆さんはどんな人間になっているのでしょうか。それが私たちの楽しみの一つでもあります。

2014年4月17日 (木)

【第324回】 ユウガク桜

 先日、ハードディスクにため込んでしまったテレビ番組の整理をした。昔のビデオテープの見た目で分量を実感できないため、何となく気になって録画した番組や毎週録画の設定がしてある番組があっという間にたまってしまったのである。もう旬が過ぎた番組は見ずに削除したり、大まかに内容がわかればいいものは早送りしながら見たりして、半日作業で整理した。その中で、ある番組が目に留まった。それは「ドラゴン桜」という番組だ。私が録画したものではないが、以前から気になっていた番組だった。関心を持ったきっかけは、リクルートが運営する「受験サプリ」というサイトの中にあった「ドラゴン桜直伝!大学合格の秘訣百箇条」というコーナーである。受験勉強のコツのようなものをまとめたものだが、マンガと一緒に簡潔な言葉でアドバイスしているおり、とても分かりやすいので本校の受験生にも見せたいと思い、パソコンに保存してあるのだ。そのドラマの中で、阿部寛が演じる主人公桜木建二が落ちこぼれ生徒たちに向かってぶつけるセリフのひとつに「格差や不公平が当たり前の世の中で、受験は社会を這い上がるために唯一平等に与えられた機会だ」というようなセリフがあった。私は、そのセリフを聞きながら今春に遊学館を巣立った生徒たちの顔を思い出していた。
 本校に入学する生徒の多くは、公立高校の受験に失敗して入学してくる「不本意入学者」が多くいることは事実である。特に、特進クラスに在籍する生徒たちは、そういう生徒が多い。彼らは、夜遅くまで学校に残り、休日も学校に来て勉強している。そして、その中の一人が今春、見事に合格を勝ち取って学校へ報告に来てくれた時に「僕は公立に落ちて良かった。もし、公立に受かっていたら国公立に行こうなんて考えなかっただろうし、こんなに勉強することもなかったと思う。本当に遊学館に来てよかった。」と言ってくれた。その言葉は、私たち教員にとって何よりのご褒美であり、それまでの苦労が報われた瞬間だった。彼は平等に与えられた機会を存分に活かして次のステージに進んでいったのだ。彼のように未来に向けて期待に胸を膨らませながら巣立つ生徒を一人でも多く見送ることができるように、今年頑張るゾ!

カテゴリ

teacher_list