« 【第315回】 荒野の果てに | メイン | 【第317回】 立春大吉(2月4日) »

2014年1月30日 (木)

【第316回】 努力すること

 先日、バトンの発表会がありました。私は夜公演の会場内の誘導をしていたので、彼女たちの演技を見ることができました。
 多くの方が来場し、終始ペンライトの光と大声援に包まれていました。その光景を見て、こんなに多くの方を引きつけるだけのパワーが彼女たちの演技力にはあるのだと、感銘を受けました。

 「脚光を浴びること」これは、多くの人が憧れをもつことだと思います。

 私事ですが、私も高校時代、女子駅伝部に所属していました。怪我が多かったのですが、3年の時にようやく全国大会に出場させてもらえた時の感情は今も鮮明に覚えています。
 過去の努力の賜物があるからこそ人はそれを原動力にし、また新たな目標や新たな挑戦へと移行していけるのではないかと考えます。

 だから、私は生徒に「その時の想い」を忘れないでほしいと思います。

 舞台に立ち、多くの人に見られ歓声を浴びることは貴重な成功した経験だと思います。
 しかし、それまでの過程には、数々の困難や試練があるはずです。

 今の3年生が1年生の頃に私が赴任し、教科指導をさせてもらい、学校生活をずっと見てきました。 暗い顔や悩んでいる顔、様々な表情を目の当たりにしてきた分、躍動ある演技を見た時、胸がいっぱいになりました。彼女達はきっと、達成感や努力が報われたことを感じたでしょう。
 一般生も、日々の学校生活の中で、達成感を味わってほしいので、そのために私もサポートしていきたいです。

140130_600x399

カテゴリ

teacher_list