« 【第310回】 「人事を尽くして天命を待つ」 | メイン | 【第312回】 「白山」のこと »

2013年12月19日 (木)

【第311回】 《 始動 》

 最近、指導をしていて難しいなと感じることがある。それは「言葉」・「伝え方」である。伝えたいことが、生徒(選手)には違った捉え方をされてしまうことがあるのだ。私の語学力が足りないのも原因だが、生徒の理解力にも疑問を抱いてしまう・・・

 ふと思ったのはコミュニケーション能力である。携帯の普及やインターネット・ゲームなど色々と原因はあるかと思うが、上手く会話が出来ない生徒が増えたかと思う。

 愚痴を言ってもしょうがないので、私が「伝える」力をつけていくしかない。

 オリンピックのプレゼン「お・も・て・な・し」ではないが、しっかりとした準備をすることはもちろん!褒め方・叱り方・技術単語を心理学や科学トレーニングなど様々な分野から学ばなければいけないと思う。また、自らコミュニケーションを増やして生徒の力を引き出すことも必要だ。

 もうすぐ一年が終わる。来年は自らをスキルアップさせ、生徒たちに最高の「お・も・て・な・し」が出来るよう頑張りたい。

  

さあ! 東京オリンピックに向けて始動(指導)するぞ!

カテゴリ

teacher_list