« 【第275回】 『さくら』 | メイン | 【第277回】 巴里の日本人 »

2013年4月25日 (木)

【第276回】 「心の居場所」

4月も終わりに近づき、一年生の皆さんも遊学館での生活に少しずつ慣れてきた頃ではないでしょうか。
「すみません、購買ってどこですか?」
「○○教室はどこにあるんでしょうか?」
そんな初々しい質問が、先週まで校舎のあちらこちらから聞こえていました。
後輩にやさしく教える二、三年生の姿を目にし、頼もしい先輩になったものだと嬉しくなりました。
「高校って楽しい!」
そう言って、きゃっきゃっと笑い合う一年生を見ると、こちらまで幸せな気持ちになります。

今年の春に遊学館を卒業し、社会人や大学生になられた皆さんも、新しい生活を楽しんでいますか?
それとも、慣れない仕事やこれまでとは違う忙しさに追われ、辛い思いや寂しい思いをしているでしょうか。
きっと同じように悩んでいる同級生たちもいるでしょう。辛い時は一緒に卒業した仲間に思いを馳せ、
「みんなも頑張っているんだから、私も!」
と、自分を励ましてください。

学校にいると、卒業していった生徒たちのことをふと思い出します。
「県外の大学へ進んだ彼は元気にしているかな。」
「彼女はちゃんと自炊してご飯を食べているかしら。」
「朝は遅刻せずに仕事に行っているかな。」

4月は環境が変わり、ストレスが溜まりやすい月だそうです。
新しい環境は慣れるまでが大変ですが、自然と体も心も順応していくはずです。
時間はかかるかもしれませんが、きっと大丈夫。
ゴールデンウィーク明けにやってくる五月病に負けないよう、皆さん気持ちを強く持って頑張ってくださいね。

卒業生といえば、私の友人に遊学館高校が金城高等学校だった頃の卒業生がいます。
当時リード・バンド部に所属していたという彼女は、
「今でも、定期演奏会のチケットが学校から届くのよ。」
と、嬉しそうに話していました。
彼女のいた、鍵盤ハーモニカやアコーディオンが中心のリード・バンド部は今はもうありませんが、代わりに吹奏楽部(ブラス・バンド)が毎年素晴らしい演奏を聞かせてくれます。

また、姉妹で金城高校出身だという、もうひとりの友人は、
「○○先生はお元気?△△先生は?今度学校に遊びに行くわ!」
と、女子高時代からいらっしゃる先生方の近況を尋ねてきます。
昔の思い出話をする彼女の瞳は、高校生のようにキラキラしています。

いくつになっても、母校は心の居場所。
皆さんも、遊学館高校で素敵な思い出をたくさん作ってください。

カテゴリ

teacher_list