« 【第233回】 F2F | メイン | 【第235回】 『麗子像』と歴史ロマン »

2012年6月14日 (木)

【第234回】 思い出谷内田京子 (国語)

 4月下旬に、卒業生2人と食事をしました。大学をこの春卒業し、公立中学校に勤めているK君と、専門学校を卒業し、大企業に勤めて3年目になるU君。私は、彼らの1年次の担任でした。7年前、遊学館に入学してすぐの彼らは、元気いっぱいのわんぱく坊主!!
勉強に部活にがむしゃらに頑張っている姿がとても印象的でした。

 たくさんおしゃべりをして驚いたのが、高校時代の些細な出来事が、大切な思い出になっている事。入学してすぐにクラスで自己紹介をした時の話、○○先生の口癖、国語の授業中に「羅生門」の音読で盛り上がった事など。私はその頃を思い出し、笑いが止まりませんでした。                   
 K君が、中学1年の担任として、悩みながらも前に前に進もうとしている姿。U君が大企業に勤めながら、さらなる目標を見つけ、自分の人生を切り拓こうとしている姿に感心し、私も2人に負けないように頑張らなくては・・・と思いました。
 日常の些細な出来事が、思い出として彼らの心に残っているように、私自身、毎日の朝礼や掃除時間を大切にして、生徒との大切な思い出を作っていきたいと思います。

 さぁ、今週は体育祭です!!遊学生のみなさん、ルールを守って思い出深い体育祭にしましょう!!

120614