« 【第155回】Where Dreams Come True | メイン | 【第161回】リンゴの皮むき »

2010年11月10日 (水)

【第158回】遊学生いろいろ

9月8日教室にて、
「はい始めます。」  
「先生!誕生日だって?HAPPY BIRTHDAY歌うね!せ~の … 」
すてきな歌声、すてきな笑顔。素直にうれしい!ほんとうに嬉しかった。
「先生、いくつ?」      (屈託なく質問してくる)
「36、違った、37」     (大嘘つきの先生)

廊下にて、
向こうから女子生徒が小走りに走ってくる。思わず、身構える。
私のま~るいおなかにタッチ!!ニコニコ笑顔で立ち去る。またやられた~

野球場にて、
遊学大好き、野球大好き青年T君。今日も野球場に足を運んでいた。
「先生、こんにちは! 今日も勝ってよかった、楽しかったね。夏の甲子園
 予選来てましたか?会えませんでしたね。」
卒業して何年になるかな?5年?6年?    
そういえば、去年の夏もその前の夏も、野球場でみた彼の顔も腕も皮がむけていた。
「日焼け対策しなかったよ。」  なんともさわやかな笑顔。いい顔してる。

終業ベル直前の教室にて、
「国語の時間が楽しみになってきた。今日、放課後いいですか?
 この内容と次の内容のつながりがよくわかりません。」 「いいよ。」
放課後、教科書とノートをもってやって来る。もう一度、ゆっくりと説明する。
うん、うん頷き帰っていく。周りには同じように質問に来る生徒が…  先生は大忙し。
熱が入って次第に大きな声に…
いいね~、こんな光景。

三年生と
看護師をめざしている彼女。
「もう一つやりたいことができた。どっちがいいかな?まよってるの。」
夢が、その夢の可能性が広まったんだね。それだけコツコツ努力を重ねたんだ~。
もうちょっとだよ。がんばれ~!きっとつかめるよ、その夢。

友人に「最近、遊学の子たち変わったね。どうして?」といわれた。
確かに … 12年前、遊学にお世話になったとき、子供たちが大人びて見えた。
私自身の子供3人が、まだ幼かったせいかも知れない。
いや、それだけではない。ほんとうに、表情があどけない。
背伸びのない、身の丈の今を満喫している。
こう思うのも私がまた一つ年老いたからでしょうか。

カテゴリ

teacher_list