« 【第139回】アシュリー | メイン | 【第141回】あたらしくなった吹奏楽部 »

2010年7月 7日 (水)

【第140回】熱 闘 2010向江 大輔 (地歴公民)

もうすぐ、暑い・熱い夏がやってきます。

第92回全国高等学校野球選手権石川大会が、7月17日(土)から開幕し、
間もなく熱戦の火ぶたが切って落とされようとしています。

3年生にとっては特別な大会です。
私も高校3年生の時、責任やプレッシャーで思うような結果が出せず、
キャプテンとして、チームをうまくまとめられず、思いっきり悩んでいました。
最終的に気持ちをふっきり、当時自分が持っていた力を全て出し切ることができたと思いだされます。

球児たちにはそれぞれの高校野球があると思います。
そして、今部員達に伝えたいことがあります。

それは、

常に、 の心をもって

  人が、 するほどの努力をすれば

      を与えられる人間(チーム)になれる

                                     ということ。

特に、感動を与えられるチームを甲子園は好みます。

この 三感王 のタイトルを獲得し、今年こそ甲子園という大舞台で

巻き起こせ!  遊学旋風!!