« 【第67回】挑戦 | メイン | 【第70回】春を待つ »

2008年12月24日 (水)

【第69回】誇り森吉 睦恵 (英語)

 先日、金城大学コースに在籍する1年生と福祉コース・美術コースに在籍する2年生対象の金城大学交流授業の引率をした時のことである。

 生徒は、福祉、幼児教養、ビジネス、美術など、それぞれの希望する分野における講義や実習を体験した。私も各活動の様子を順に見学して回った。

 美術学科の教室に入ると、生徒たちは先生のお話を聞き、鉛筆デッサンを始めるとこだった。たくさんの画材や作品が置かれた広い教室では、数人の学生たちが、作品制作にとりかかっていた。その時、ふとひとりの男子学生と目が合った。3年前に本校美術コースから金城大学短期大学部美術学科に入学した卒業生であった。彼が高校2年のときに担任をしていたということもあり、思いもよらぬ再会にとても懐かしさを感じ、話に花が咲いた。

 彼は現在、研究生として3年目の学生生活を営んでいる。彼との会話の中で、遊学館高校美術コースの卒業生でOB会を発足し、いつか作品展を開きたいという思いを語ってくれた。というのも、美術コースという名称のコースは、現3年生と2年生で終わるのだ。しかし、彼は美術コースに在籍していたことにとても誇りを持っており、現在の2年生が卒業したあと、すなわち最後の美術コースの生徒が卒業したら、いよいよこのプロジェクトを実行したいと話している。

 卒業生のこんなにも熱い想いを知り、ほんとうにたのもしく、そして嬉しく感じた。実現する日がとても楽しみだ。

 今年度、私は3年生福祉コース・美術コースの混合クラスの担任をしている。昨日2学期終業式を終え、冬期休暇初日の今日も、美術コースの2人が登校し、2月の卒展に向けての作品制作に励んでいる。彼女たちの背中を見ながら、卒業してからも先輩たちのように、いつも誇りと夢を持って自分のやりたいことに全力で取り組む人でいてほしい、そう思った。