2020年10月13日 (火)

お久しぶりです。書記の墨谷早杏子です。

最近は少しずつ涼しくなり、過ごしやすい気温になってきました。

そして私の大好きな金木犀の花が満開を迎えています。

遊学館高校の中庭にも大きな金木犀の木があり、学校中にふんわりと良い香りがします。

秋が来たなと感じ、とても嬉しいです。

紅葉を見るのもとても楽しみです。

さて、皆さんは秋といえば何を思い浮かべますか。

私は、金木犀もそうですが、やはり読書の秋です。

本を読むというものはとても良いですね。

私は中学2年生の時に読書が大好きになりました。

しかし、私は元々、本を読むことが苦手でした。

小説も最後まで読んだことはなかったほどです。

そんな時1年に1回の読書感想文を書かなくてはいけなくなりました。

その時に選んで選んだ本がとても良く、その本をきっかけに読書の楽しさを知りました。

その後、読書にどっぷりとハマり、これまで本を読んでこなかった私の本棚にたくさんの小説が並ぶようになりました。

ちょうどその時期が秋だったのです。

私は毎年秋にはたくさんの本を読みます。

皆さんも秋の休日に紅葉を見ながら読書をして過ごしてみませんか?

そして、もう1つ、遊学館の秋といえば、そう!学園祭です。

例年のように屋台を開いての学園祭は行えませんが、今年だから出来る企画を準備しています。

何より3年生を中心に、生徒みんなが楽しんでもらえるように、生徒会一同頑張っています。

遊学生は楽しみにしていてください!

今回は私の秋といえば思う事を書いたので、大好きな金木犀の写真を載せます。

1枚目 中学生の時に授業で作成した金木犀の和菓子 2枚目 家の前に咲いていた金木犀の花

1

2

                         前期生徒会書記 墨谷早杏子

2020年10月 9日 (金)

みなさんこんにちは! 書記の西村幸です!

10月に入りとても過ごしやすくなりましたね。 10月は金木犀のいい匂いがしますよね。

私は金木犀の匂いがすると、ほうらい祭りの季節だなぁ〜と思います。

前回のブログで吉田さんもほうらい祭りについて書いていましたが、私もほうらい祭りを楽しみに1年を過ごしています。

ほうらい祭りは鶴来の伝統のお祭りです。 私は小学生の時から住んでいる町でほうらい祭りに参加していました。

私の町は毎年造り物と獅子舞が1年ごとに変わっています。

女子は高校生まで獅子舞しか出られないので、獅子舞の時がとても楽しみでした。

お祭りは出ているほうが楽しいと思います。

見ているのも楽しいですが、出る側を1度経験すると出た時の楽しさが忘れられません。

今年のほうらい祭りは出られる年でした。

去年のほうらい祭りの時から来年は今年より楽しむぞ!と思っていましたが、コロナウイルスの影響で中止になってしまいました。

感染を防ぐためなので仕方ないのですが、今年の10月はとても寂しく感じました。

10月3、4日はほうらい祭りの日でした。

今年は中止になった代わりに3日の夜に花火が上がりました。

近くの川から花火が上がったので、


とても近くで見られて良かったです!

こんなに近くで見たのは初めてで、とても綺麗だったし迫力があって凄かったです!

来年はコロナウイルスが収まっていてほうらい祭りに出られることを願います!

さて、遊学館では10月6日から9日まで2学期中間考査です。

今回は1学期の期末考査より範囲が広いので勉強が大変です。

前回平均点が高かったのでその点数をキープできるように勉強しています。

残り少ない時間ですがいい点数が取れるように勉強頑張りましょう!

花火を見た時の写真を載せておきます。

D5e2d777eacc46e69c145f38526e043e

                             前期生徒会書記 西村 幸

2020年10月 1日 (木)

皆さんこんにちは!生徒会計の吉田羽弥花です!

オープンスクールが終わり、もう12日が経ちましたね。

先生方、実行委員の生徒の皆さんお疲れ様でした!!そして本当にありがとうございました!

今回のオープンスクールで生徒会役員各自、自分の思う行動ができたと思います。

私の中での反省点は何ヶ所かありたしたが、学べた点も多々あり、反省点は次に活かせるよう努力します。

ここで話は変わりますが、最近気温は下がり残暑は落ち着き、秋の始まりを感じますね。

それもそのはず、私がこの様に秋を感じるのは、テレビやスマホの広告、コンビニ店内で見かける数々のお菓子等が季節物に変化していたからです。

例えばミスタードーナツやマクドナルドが良い例です。

ミスタードーナツのCMでは、紫いもや大学いもなどを使った印象深い旬の商品。

マクドナルドでは、月見をイメージしたあんことおもちが包まれたパイなどが販売されていました。

そこで、いつも私は秋を感じるとある思い出を思い出します。

それは秋祭りの思い出です。

私の地域のお祭りはほうらい祭りというお祭りで、若者が1ヶ月かけて作った、高さ約5mの張り子の武者人形を男性が担ぎ、町内を練り歩く祭りです。

人形の細部には五穀野菜等を吊るし、その年の豊作を感謝し来年の無事を祈る意味がこめられています。

そのお祭りには屋台なども並んでいるため、私は毎年参加していました。

そこで私は友達とお祭りに行った時は、毎年歩き回って疲れるのが毎年恒例です!

そして 疲れて神社の階段に行って、休憩するのも恒例です!

とても些細な思い出ですが、私にとっては大きな思い出です。

みなさんも私のように秋を感じたことはありますか?

                           前期生徒会会計 吉田 羽弥花

2020年9月14日 (月)

こんにちわ!前期生徒会副会長中田亮央です。

オープンスクール当日まであと10日ほどになってきました。

私たちも毎日オープンスクールの準備に追われています。

またInstagramも始動し、日々活動している風景を投稿しています!

今日は本題でもある、最近あった嬉しい事について話そうと思います! ※個人的にとても心が温まったなと思ったことです。

1つ目は、弟から貰ったお土産です。

先日、弟が修学旅行で能登の方に行ったんですが、そのときに貰ったお土産が可愛くて とても心が温まりました!

そのお土産はスプーンで、すくうところに「兄、りょう」って書いてあるんですよ‼

可愛くないですか!? こんなユニークな物をもらえるとテンション上がりますよね。

今度、旅行に行くことがあったら、私も面白いお土産を贈りたいですね!

2つ目は、前回けいちゃんがブログで書いてくれた私の良い所です。

いつも会っている人から褒められると嬉しいものですね。

このブログで私もけいちゃんの良い所を発表したいと思います!

啓衣子 会長

けいちゃんは誰にでも優しく、水泳もできたり、勉強もできる! オールマイティな女子高生です!しかも英語も喋れちゃう!?本当に尊敬できます。 生徒会でもムードメーカーで、けいちゃんが生徒会室入ると一気に空気が明るくなります。 いつも、いつもニコニコなけいちゃんから学ぶことは沢山!

3つ目は、「いつも冷静だよね」と友達から言われたことです。

自分の良い所を教えてもらえると嬉しいですよね! さらに何気なく言われるともっと嬉しいです!

こんな風に良い所を指摘されると、頑張ろって気になって、もっと友達に優しくしようと思えますよね!

今の世の中は、暗いニュースや気持ち的にも落ちていることが多いですよね。

そんな時に些細な幸せに気づくと、どこか心が温まってきます。 これからも沢山の幸せを見つけて、学校生活を送ろうと思います!

                        前期生徒会副会長 中田亮央

2020年9月 9日 (水)

みなさんこんにちは!生徒会長の髙井啓衣子です。

open schoolまであと、11日となり着々と準備が進んでいます。

今年のopen schoolは生徒会役員と32人の実行員が協力して行います。

感染症対策のため、例年通りには行うことができませんが、今年ならではのブースも沢山あるので中学生のみなさんは楽しみにしていてください:)

さて、本題に入りますが、今日は生徒会役員の良いところについて書こうと思います。

open school前だということもあり、最近はみんなと協力して行わなければいけない仕事が多いからこそ、みんなの良いところを沢山見つけることができました。

〜ここからは、いつもの呼び名で書かせていただきます〜

亮央(副会長)

私が何かミスをした時や困っている時に、それを察していつもさりげなくフォローしてくれます。私は物事を深く考えて過ぎていまう性格ですが、亮ちゃんは良い意味で物事を深く考えないため、いつも沢山助けられています。また、生徒会役員の中で男子1人だけですが、それを感じさせずみんなと上手く馴染めるところも亮ちゃんの良いところだと思います。

彩(会計)

部活動の部長もしており、毎日とても忙しいなか生徒会との両立をしているあやちゃんには尊敬の気持ちでいっぱいです。部活動もあり毎日生徒会に来ることは難しいですが、あやちゃんが生徒会に来たときはいつも以上に仕事がスムーズに進みます。私が気付かない点にも気づき、いつも的確なアドバイスや意見をくれるのでとても頼もしいです。

羽弥花(会計)

前期生徒会唯一の1年生です。いつも羽弥花の明るさのおかげで生徒会の雰囲気がパッと明るくなります。生徒会室が少し汚れているなと思ったら羽弥花が掃除をしてくれていたり、これをしていてほしいなと思っていた事をいつも先にやってくれています。私も羽弥花みたいに周りの人に気遣いができるような人になりたいです。周りの人への気遣いNo.1です:)

幸(書記)

みっちゃんも部活動と生徒会を両立しています。お願いした仕事もあっという間にしてくれ仕事の速さに尊敬の気持ちでいっぱいです。 いつもみっちゃんらしい視点からアイディアを出してくれるので、何か企画するときにみっちゃんのアイディアを聞くことがとても楽しみです。自分の考えや気持ちを相手にしっかり伝えられるところもみっちゃんの良い所だと思います。

早杏子(書記)

書類作りが得意で、いつも自分から「けいこさんこれしましょう!」と言ってくれたり、生徒会がない日でも家で生徒会の仕事をしてくれています。いつも自分の目標を持ち、それに向かって一生懸命頑張っているさっちゃんを見ると、私ももっと頑張ろうという気持ちにさせてくれます。また、「生徒会活動が楽しい」とか、「もっとこうしたら良いと思う」など自分の気持ちを言葉にして伝えてくれるので私もとても嬉しいです。

みんな人それぞれ良いところが沢山あります。

私は多様性(Diversity)のある組織は人々の考え方にイノベーションを生み出すことができると感じました。

日本の学校では成績の良い人ほど高い評価をされる傾向があると思います。

学校の成績が良くても他のことも優れているわけではありません。

周りを見れる、パソコンを使う事ができる、情報収拾が得意、などもテストの点数と同等なくらい大切な力だと思います。

私は、年齢関係なくみんなが平等に意見を発言し、その人の持っている能力や個性を上手く利用し、多様性(Diversity)を重視した生徒会作りをしたいと考えています。        

                                                                      前期生徒会長 高井 啓衣子

2020年9月 4日 (金)

こんにちは。生徒会書記の墨谷早杏子です。

最近は毎日家庭学習をするように心がけています。

さて、9月になりましたが、まだまだ暑い日が続きます。

皆さん、水分補給をしっかり行い、熱中には十分気をつけて下さい。

そしてもう1つ、東京をはじめ、新型コロナウイルスの感染拡大は今もなお、なかなか収まろうとしません。

石川県でも、クラスターが増えています。

今はまさにwithコロナの時代であり、『普通』の生活が送れない状況にあります。

マスクを付ける、こまめに手洗いや消毒をする、公共交通機関では大きな声で話さない、ソーシャルディスタンスを徹底する。

このようにたくさんの決まりができました。

今になっては、当たり前になりつつありますが、1年前は、このような常識はありませんでした。

皆さんは、今の生活に不自由さを感じていますか?

1年前の生活と、今の生活はどちらが『普通』の生活だと思いますか?

私は、現段階だと感染防止をしなくても良い1年前の生活が『普通』だと思っています。

しかし、来年の今頃にはwithコロナの生活が『普通』の生活と認識されるようになるのでしょうか。

時間や環境で、『普通』の価値観が変わるのはとても面白いです。

生活の『普通』は時間の流れと同様、日々変化しているのです。

『普通』の価値観についてもう1つ考えたことがあります。

それは考え方の『普通』の違いです。

家庭によって教育方針や家のルールが違います。

皆さんも友達と話している時に、自分の家とは違うなと感じたことがあると思います。

それもやはり環境が作る『普通』の価値観の違いです。

環境の他にも、祖父母と話している時に、「昔はこれが普通だったんだよ」と聞くと、時代が作る『普通』の違いも感じます。

このように環境や時代が違うと『普通』に感じる価値観も変わります。

「こんな考え方もあるのか」と面白く感じる時もありますが、同時に相手に知らず知らずに傷つけてしまっている場合もあります。

相手にも違う環境や時代を持っていることを忘れず、相手を思いやれる人になりたいです。

そのために、人の話をたくさん聞いていきたいです。

                                                                     前期生徒会書記 墨谷 早杏子

2020年9月 2日 (水)

皆さんこんにちは! 今回で3回目の更新になります。

生徒会に入って3ヶ月が経ちました。

2年生になって、部活と生徒会活動をしていて1週間がとても早いなと最近は感じています。

去年の今頃はダンス部として学園祭で踊る曲の練習で忙しかったのを覚えています。

今、コロナウイルスの影響で色々な学校行事が中止になっています。

生徒会でも3年生にとって思い出に残るような行事ができたらいいなと思っています。

文化祭・学園祭という行事は今ではほとんどの学校にある学校行事ですよね。

最初の文化祭・学園祭はいつだったのかとふと思ったので調べてみました。

日本最古の文化祭は1921年に東京府立第五中学校(現・小石川中等教育学校)で開催された「創作展覧会」(現・創作展)だそうです。

日本では教育の一環として全員参加型の文化祭が開催されているのは世界的に見ても珍しいそうです。

私たちは文化祭というものは全校生徒で楽しむものだというのが当たり前のように思っていますが、海外では違うみたいですね。

日本では当たり前の学校行事が海外にはないこともあるみたいですね。

海外には文化祭の他に運動会もないらしいです。

夏の行事といえば運動会・体育祭では無いでしょうか?

今年は体育祭も出来なくなってとても残念です。

海外では保護者が観客として来るような行事は少ないみたいです。

小学生の頃は親に自分が頑張っている姿を見てもらいたくて、練習の時から頑張っていたのを思い出しますね。

私は日本と海外の文化の違いなど興味のあることは調べるようにしています。

いつも自分が生活している中で疑問に思ったこと、気になることを調べることは自分の中の知識を増やすことになると思うので、皆さんもやってみてはどうでしょうか。

調べていく中で新しい発見があるかもしれません。

今の世の中にはたくさんの情報で溢れています。

それらの情報を上手く活用することが自分を成長させる一つの方法だと考えます。

                         前期生徒会書記 西村幸

2020年8月31日 (月)

皆さんこんにちは!生徒会会計の吉田羽弥花です。

生徒会ブログも今回で3回目となりました!

新型コロナウイルス感染症の流行があり、ある意味新鮮だった短い夏休みも終わり、 2学期がスタートしました!

皆さんも少し落ち着いた頃だと思います。

記録的に暑かった今年の8月は最終週を迎えました。

猛烈残暑が続く中、本校では30度を超えると男女合同で体育の授業をし、体育館に冷房をつけるなどして熱中症対策を行っています。

まだまだ、熱中症に対する注意、警戒が必要ですね!水分補給などを心がけるようにしましょう。

では!そろそろ本題に入ります!

前期生徒会も、もうすぐで3ヶ月となりますね。

私は生徒会に入る前「生徒会に入る!」という意気込みは良かったものの、生徒会が影で行っている活動をほぼ何も知りませんでした。

自分が生徒会に活動をしたり、その場で見たりしているうちに、少しずつですが、生徒会がどれだけ大変で楽しいものなのかが分かった気がします。

皆さんもこんな経験ありませんか? 経験したことが無い事をしてみると想像とは違っていたけど、想像を超えるものだったり、自分が見ているだけの時は、楽そうに見えていたものがやってみると物凄く辛かったりなどなど。

私はこの感覚が好きです。

自分の予想通りの人生では、都合はいいかもしれません! しかし新しい感覚には出会えず自身の成長もそこまでしないのではないでしょうか。

何かを知りたい時は自分が体験、経験したりしないと分からない感覚的なものがあるのだと生徒会を通して知ることが出来ました。

これからも生徒会を通して、自分がまだ知らない沢山の事を学んでいきます。

皆さんも今までに誰かが知らなくて自分が知っている事、自分が知らなくて逆に誰かが知っている事、たくさんあったと思います。

これからはその自分の感覚的な部分にも意識しながら新しい事への挑戦を試みてはいかがでしょうか?

今の時期、何をするにも億劫に感じると思います。

そんな時だからこそ新しい事への気づき、発見が出来ると私は考えます。

何事もマイナスと捉えがちな今、新しいことへの挑戦は自分のプラスになり、必ず自身の成長へと繋がると私は信じています!

皆さんも今を大切にし何か自分にとってプラスになる挑戦をしてみませんか?

                        前期生徒会会計 吉田 羽弥花

2020年8月25日 (火)

2学期がスタートして、初めてのブログ更新になりました。生徒会会計の吉江彩です。

皆さん、コロナウイルスの影響で短い夏休みとなってしまいましたが、充実した12日間にする事は出来ましたか?

休校期間明けで久々の学校に疲れ、12日間家でゆっくり過ごした人や部活動に励んだ人、家族との時間を大切にした人色々な過ごし方をしたと思います。

そこで、夏休み明けの皆さんに質問です。

今のクラス、充実していますか?

この質問には色々な意味が込められています。

勉強のしやすい環境になっているか、友達関係が充実しているかなど1学期までに充実させておきたい項目だと思います。

コロナウイルスの影響で大幅に遅れた新学期スタートで、まだクラスに慣れていない人も中にはいると思います。

行事も出来るか分からない状況でクラスの仲をどう深めたら良いのか。

そんな思いを持っている人も多くいると思います。

そんな思いがある人は、これからあるかもしれない行事に色んな思いを持って参加するべきだと思います。

9月半ばに予定されている遠足は、本来なら4月に実施される予定でした。

2,3年は感じていると思いますが、遠足は友達作りのきっかけになるものだと思っています。

遠足が実施されれば、クラスがまとまっていなかったのを少しでも解消し、お互いが心を許し合うものになると思います。

そして、学園祭。

学園祭は1年に1度、最も全校生徒が楽しみにしている行事だと思います。

今年は実施さえも危うい状況ですが、学園祭こそクラスを1つにする大切な機会だと思います。

どのようなクラス企画にすれば密の状況にならないか、必死に考えながら今、生徒会員全員で案を出し合い、コロナの中でも全校生徒が楽しめるような学園祭にしようと思っています。

案が通るか分かりませんが、実施されればきっと皆さんが充実出来る物を用意しています。

クラス企画は仲を深める為に必要不可欠であり、全員が協力しないと完成しません。

1人でもクラスの仲を深めていきたいと考えている人がいれば、皆さん協力しないという選択はないと思います。

全員で充実した学園祭にするには、全校生徒の協力が必要です。

学園祭を成功させる為に、学校全体で協力し全員で休校期間で何も出来なかった分を補えるような思い出作りをしましょう。

                            前期生徒会会計 吉江彩

2020年8月23日 (日)


こんにちは!生徒会副会長の中田亮央です!

夏休み明け1発目の生徒会ブログですね!

この短い夏休みを皆さんは、どのように過ごしましたか?

私は夏休みのほとんどを生徒会活動に捧げました✨ これも青春だなと思いながら、 毎日を楽しみました!

1つのことに一生懸命になることは、とてもかっこいいことだと信じています。

2学期には、オープンスクール、学園祭と大きな行事があります!

中学生の皆さんはどうぞ!9月20日のオープンスクールに足を運んでみませんか?

そして、高校生活を体験しましょう!

また、在校生の皆さん!学園祭の規模は例年より小さくなりますが、私達生徒会は全力で企画、運営をします。

だから皆さんの力で遊学館を盛り上げをお願いします!!

このように生徒会を通して、様々な人と関われることにとても価値があると私は考えています。

今このような世の中で、人と関わることが難しくなっている中、一生懸命活動出来る生徒会という空間に感謝しています!

皆さんにも、一生懸命になれる空間があったり、落ち着ける空間というものはあると思います。

もし、「私にはないかも…」と思っている人は1度些細なことに着目してみてください。

きっとあっ!となるはずです。

どのようなことでも「空間」

言わば「環境」は何をするにあたっても切るに切り離せないものです。

皆さんも勉強にするにしても、ぐちゃぐちゃな部屋や騒がしい部屋では落ち着きませんよね…

私はこの遊学館の生徒会に入ってから、様々な事に着目するようになりました!

例えば、1つのポスターを作るのにどれだけの労力が加わっているのかとか、テレビの歌番組にどれだけの人が関わって放送されているのかとかですかね。話せばキリがありません!

このように考えるようになると、色んな人の大変さを知ることが出来たり、もっと色んなことに興味を持つようになりました!

私はとても有難い環境に居させて貰っています。 反面、余り今の環境に満足していない人もいることでしょう。

しかし、その環境がどのようなものか理解することに意味があると考えます。

そこからどのように改善したら良いのか、だから「今上手くいったのか!」と考えると成長すると私は感じます!

しかし、全て環境のせいにしてはダメですけどね… これは私が最近ふと感じたことです。

本当に今の環境に感謝😊

                     


                       前期生徒会副会長 中田 亮央